オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

堺市 モルタル外壁の雨漏り修理お見積りのご依頼いただきました


今回は堺市の築60年のモルタル外壁のお宅からご依頼をいただきました。

モルタル壁とはセメント・水・砂を混ぜ合わせた外壁材で遮音性や遮熱性が優れており昔から馴染みのある外壁材です。しかし優れた特徴を持つ一方で、クラックと呼ばれるひび割れが起きやすい材質であることも事実です。

今回ご依頼いただきましたきっかけは、室内に雨漏りが起きていたようで天井に雨染みができていました。また室内の聚楽壁(じゅらくへき)とよばれる昔ながらのお宅でよく見られる土で出来た壁も崩れてしまっていました。

今回のこのブログでは室内への雨漏りの原因や雨漏り修理方法についてご説明したいと思いますので雨漏り被害にお困りの方や雨漏り修理をご検討中の方はぜひご一読ください。

今回雨漏り修理のご依頼をいただいたお宅

雨漏り修理のご依頼を頂いたお宅
こちらが今回雨漏り修理のご依頼をいただきましたお宅です。築5.60年経過したお宅でモルタル壁のお宅です。モルタル壁とはセメント・水・砂を混ぜて作った材料を左官した壁です。


モルタル外壁は10年~15年ごとの定期的なメンテナンスをしていれば30年はもつとされています。ですがあくまでも定期的なメンテナンスをしていた場合です。何もしないと紫外線や雨風などの影響により劣化し寿命は縮んでしまいます。

ではまずは室内の様子を見ていきたいと思います。

雨漏りによる天井の染みや聚楽壁の崩れ

聚楽壁の崩れ
こちらが室内の様子です。天井の雨漏りによる染みがあるのがわかりますか?また聚楽壁(じゅらくへき)も崩れてしまっています。

※聚楽壁…安土桃山時代以降使用されるようになった壁の一種で京都やその周辺で取れた貴重な土を使って作られた壁の事です。粒子の細かい土にノリを混ぜ壁の表面に塗りつけます。


何が原因でこのような被害が起きてしまうのでしょうか?それは外壁からの雨漏りです!

では外壁のどのような劣化が雨漏りを引き起こすサインなのかをご紹介していきたいと思いますのでご覧ください。

雨漏りの原因の一つである外壁の色褪せ

劣化した庇
雨漏りの原因の一つとしてモルタル壁の色褪せがあります。色褪せは紫外線や雨による影響で仕上げ材の塗料が剥がれたことにより起こる劣化の始まりとされます。

色褪せが起きたらすぐに雨漏りが起きるということではありませんが、ゆくゆくは雨漏りの原因に繋がります。色褪せは建物の美観を損なうのはもちろんのことですが美観の問題だけでなく建物の防水性の劣化のサインですので経年と共に徐々に劣化は進行しひび割れなどの原因にもなりますので軽症なうちに対策を講じたいところですね。

雨漏りの原因になるクラック

外壁クラック
こちらはクラックとよばれるひび割れです。築年数が経過したお宅ではよくみられる現象ですのでご覧になった事がある方も多いかと思います。このクラックには主にヘアークラック構造クラックというものがあります。詳しくご説明していきます。

ヘアークラック…幅0.3ミリ以下の小さなひび割れの事を指します。ヘアークラックという名前の通り髪の毛ほどの細いひび割れで、直接雨漏りの原因になるほどではないので特別な補修はせず塗装での補修をする場合が多いです。

構造クラック…幅0.3ミリ以上のひび割れの事をさします。構造クラックを見つけたらすぐに雨漏りが起きてしまうということではありませんが、幅が広い為そこから雨水が侵入し中の下地にまで浸透すると雨漏りのリスクは高まりますので要注意です。補修方法はVカット補修という補修をする場合があります。Vカット補修とはクラックをわざとV字にカットし広げてそこにシーリング材を注入しクラックを埋めていきます。

そもそもなぜクラックは発生するのでしょうか?原因は様々ですが乾燥地震による揺れ、一番の原因は紫外線や雨による経年劣化であるといわれています。その中でもモルタル壁はクラックが出来やすいとされています。

雨漏りの原因になるモルタルの浮きや剥がれ

外壁のえぐれ
次にご説明するのがモルタル壁の浮き剥がれです。モルタル壁の浮きや剥がれの主な原因は以下の三点です。

・中に水がたまる…塗膜が劣化し下地との密着性が劣化した際に起きます。またクラック等隙間から雨水が入る事があります。

・寒暖差による膨張と縮小の繰り返し…熱で熱くなったモルタルは熱膨張し、寒くなったモルタルは反り縮小しその繰り返しで浮いてきてしまう事があります。

・経年劣化…紫外線や雨の影響により塗膜が剥がれたり浮く事があります。これは築年数が経過したモルタルが雨を吸収、乾燥を繰り返すことによって付加がかかる為です。


このような浮きや剥がれは一度浮いたり剥がれている部分を全て剥がし(木材が腐敗している場合はそれらも全て交換)雨水が侵入しないようにルーフィングシートという防水シートを貼りその上からラス網を貼りモルタルを左官し補修していきます。

雨漏りの原因の一つ チョーキング現象

チョーキング
こちらのお写真のように外壁を手で触れると白い粉が付いたことはありませんか?これをチョーキング現象といいます。チョーキング現象は紫外線や雨により塗装面の樹脂が劣化し粉状になって表面に現れます

チョーキングが起きたらどのようなサインがあるのでしょうか?それは塗膜の劣化です。塗膜が劣化しているということは外壁の防水性も劣化しています。外壁自体に防水機能が備わっているわけではなく塗料の塗膜が防水性を担っているからです。防水性が劣化するとジメジメした環境が生まれカビや錆、苔が生えてしまったりすることもあります。

チョーキング現象は外壁に詳しくない方でもわかりやすい現象ですので一度お宅の外壁を手で触れチェックしてみるのもいいですね!

庇からの雨漏り被害も多いです

さびが付き劣化した庇
こちらはという部分です。庇はお家の窓や出入り口の上に取り付けられる屋根材で日よけや雨除けになっています

庇には若干の勾配がありますが主に水平な状態ですので水はけが悪く不具合が出やすい箇所です。こちらのお宅では庇自体も劣化しており錆が全面的に広がりいつ穴があいてもおかしくない状態でした。
庇の取り付け部にヒビが
また、庇は壁との接合部分の面積が広いのも、雨漏りがしやすい原因の一つです。

こちらのお写真をご覧ください。壁との接合部分が剥き出しになっていますね…。庇からの雨漏りの原因の多くはこの接合部分の不具合からが多いです。このまま放置をし続けると建物の内部が腐敗し最悪の場合庇が外壁剥離する事も考えられますので要注意です。

今回のお宅で確認された雨漏りの原因まとめ

雨漏り修理のご依頼を頂いたお宅
今回のお宅で雨漏り点検をさせて頂いたところ築年数が経過していることもあり様々な劣化がみられました。

今回のお宅で確認された雨漏りの原因まとめ
・モルタル壁の色褪せやカビ・錆・苔の発生
・モルタル壁の剥がれや浮き
・構造クラックによる雨水の侵入
・チョーキング現象
・庇の取り付け部分(外壁との接合部分)の剥き出し等の不具合 などが挙げられます。

雨漏り修理の施工方法

ではどのような方法で雨漏り修理をしていくのでしょうか?お家の劣化状況や雨漏りの有無によって雨漏り修理方法は異なりますが、主な外壁雨漏り修理方法として、塗装工事カバー工法張替え工事の3種類があります。簡単にご説明させていただきます。



塗装工事その名の通り塗装で雨漏り修理をする方法です。現状雨漏りが起きておらず劣化がそれほど激しくない外壁に施工される方法です。ヘアークラックなどの細かいひび割れなどでしたら塗装での修理も可能です。築30年程までのお宅でしたら圧倒的に塗装工事での修理をされるお宅が多いです。

カバー工法既存の外壁材の上から金属サイディングを貼り付ける方法です。現状雨漏りが発生しており塗装での修理が出来ない場合に施工されます。価格は塗装の2、3倍かかりますが今後の雨漏りのリスクの事を考えますと安心できる施工方法です。

張替え工事…建物の内部や下地にまで水が回っていて腐敗している最悪の状況の際に施工される方法です。現在の外壁材を全て撤去し新しい外壁材に張り替えるのでもちろん価格は一番高価です。


今回のお宅では現状天井に雨漏りもされていましたし聚楽壁の崩れも見られましたのでカバー工法によるモルタル壁雨漏り修理をご提案させていただきました。

点検から事前お見積りまで無料です 雨漏り修理は原因を探る事が大切です

街の屋根やさん松原店では点検~事前お見積りまで無料でさせて頂いております。

今回のお宅のように、まずは点検をしてみないと雨漏りの原因がわからない場合もありますので定期的な点検はとても大切です。豊富な知識を持ったスタッフがいますのでお気軽にご相談ください♪ お問合せはこちらから。

街の屋根やさん松原店では屋根の事以外にも今回のお問合せのように外壁の事にも対応しております。他事例の掲載もございますのでぜひご覧ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市屋根リフォーム【ガルバリウム鋼板への屋根葺き替え】

葺き替え工事施工前
葺き替え工事完工
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
台風
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
89万円
施工事例

堺市で雨漏り被害 カバー工法での屋根リフォーム完工しました

軒先から屋根下に雨水侵入
カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
IG工業スーパーガルテクト
築年数
約30年
建坪
20坪
保証
25年(メーカー保証)
工事費用
78万円
施工事例

堺市で工場(倉庫)スレート屋根・ガルバリウムカバー工法の事例

工場のカバー工法施工前
工場(倉庫)屋根カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
約30年
建坪
200坪
保証
5年間
工事費用
約700万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏りの補修

こんにちは!街の屋根やさん大阪松原店です!♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢松原市にてお客様から雨漏りをしているとご相談を受け補修のご依頼を頂きました。一度点検させて頂く為、お家にお伺いさせて頂きました。この記事では雨漏り補修の点検...........

瓦屋根補修

こんにちは!街の屋根屋さん大阪松原店です!+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+現在お住まいのお宅ではないのですが、築年数がかなり経っており「今にも瓦屋根が崩れてき...........

ベランダ防水工事

松原市にて工場のベランダの床がひび割れや床が剥がれたりといった症状で「雨水などが流れてくれない」との相談を頂き、今回塩ビシートで防水工事を行うことになりました。防水工事には様々な工法があります。施工の条件や防水箇所の形状によっておススメする...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913