オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

羽曳野市 スレート屋根の雨漏り修理のご依頼【カバー工法を提案】


羽曳野市にて雨漏り修理のご依頼をいただき、点検に伺ってきました。屋根材はスレート屋根で、色褪せやカビが生えていたり、棟板金のネジが抜けていたりと、劣化症状が見られました。

今回の雨漏り修理のご提案として「カバー工法」をさせて頂きました。

その様子を伝えていきます。

屋根材はスレート屋根

スレート屋根・ひび割れ
こちらのお宅の屋根材はスレートです。

スレートとは粘土板岩の薄板を使用した屋根材のことで、「スレート瓦」とも呼ばれています。「カラーベスト」「コロニアル」と呼ばれる場合もありますが、これはスレート屋根材の商品名です。

自分のお家の屋根材がスレート屋根であるか確かめるには「平らな板が張り合わされた屋根」「金属製ではない屋根」であれば、ほぼ間違いないでしょう。
スレート屋根・雨漏り
スレート屋根にもメリットとデメリットがあります。

メリット
1.価格が安い
2.デザインが豊富
3.施工業者が多い

デメリット
1.割れやすく低耐久
2.メンテナンス頻度が多い

といった事があげられます。

棟板金は雨水が入らないように設置されているものです

スレート屋根・棟板金
屋根の一番高い箇所にある部分を「棟板金」といいます。屋根の内部に雨水が入らないようにかぶさっています。

築7~10年で棟板金を止めている釘が抜けてきます。これは新築の時の施工不良とかではなく、どの家でも起こる事です。ではなぜ釘が抜けてしまうのでしょうか?

それは、棟板金の熱膨張にあります。熱膨張とは金属が熱で温められたときに膨張が起こる現象です。
棟板金劣化
棟板金は金属なので、日に当たると太陽の熱で膨張し、夜気温が下がると収縮します。

その繰り返しで徐々に釘が抜けていってしまうのです。釘が抜けている状態をそのまま放っておくと棟板金が飛ばされてしまい、雨漏りの原因にもなります。

点検の際にしっかり見てもらいましょう!

庇の役割は知っていますか?

スレート屋根・庇
玄関に設置されている庇なんですが、庇は雨除けの役割をしています。また、庇があると室内への直射日光を遮れる、外壁に雨だれ(雨が流れた後のシミ)ができにくくなるといったメリットがあります。
玄関先庇
ですが、それと同時に天候の影響を受けやすく、雨漏りの原因箇所になる可能性もあります。

庇に色褪せが確認できました。劣化症状が進むとひび割れしてきたりします。せっかくの雨除けのための屋根なのにそれが雨漏りの原因になっては庇の役割をはたせません。

劣化症状がひどくなる前に修理をおすすめします。


雨樋は雨漏りの原因になるので必ず綺麗な状態を保ちましょう

雨樋
屋根に降った雨水を一ヵ所に集め、排水溝を通じて排水するのが雨樋の最大の役割です。この排水機能がない場合建物に様々な不具合を発生させてしまいます。

排水溝に導く導線がなければ、降った雨水は、軒先・外壁・建物外周を常に湿らせた状態にし、コケやカビが発生してしまいます。
雨樋経年劣化
もし雨樋がなければ、降ってきた雨は道筋がなく、屋根面をバラバラに落ち軒先に向かいます。その雨水は軒先から一斉に雨音を立てて落ちていくのです。

それらを一つの道に集めてあげて排水溝に流してあげるだけで雑音となる雨音が減少されます。

こういったことから雨樋がどれだけ必要かわかりますよね。ごみやホコリが溜まっていると雨水が流れないので、しっかり掃除をするようにしましょう!

幕板は見た目をおしゃれにするためではありますが、雨漏りの原因にも?!

軒先の劣化
写真の箇所を「幕板」といいます。幕板とは建物に用いられる横長の板のことで、境界的な役割を持つ場合が多い部材です。このようにひびが入ったり劣化してしまうと、外壁を傷つけたり、雨漏りの原因にもなりやすい箇所です。

幕板はつなぎを隠す役割があるように、幕板内の外壁が劣化してしまったりすると、水分が侵入し外壁材を内部が常に湿気ている状態になり、外壁の割れの原因にもなります。劣化した状態にしておくと、幕板自体が落下したり、外壁を弱らせたりとお家全体に大きなダメージを与え、雨漏りの原因になります。

幕板のメンテナンス方法として、塗料が少し剥がれている程度でしたら再塗装で大丈夫ですが、剥がれや割れがひどい場合は幕板の交換工事になります。またはすべて撤去することもご検討すると家の為にもいいと思います。
今回、点検に伺った際、屋根の劣化具合を見させて頂き「棟板金の交換」とお客様とのヒアリングで「カバー工法」ご提案させて頂きました。カバー工法は既存の屋根材の上に防水シートと新しい屋根材を被せる工法です。

カバー工法をされたお客様の記事があるのでご覧ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

堺市屋根リフォーム【ガルバリウム鋼板への屋根葺き替え】

葺き替え工事施工前
葺き替え工事完工
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
台風
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
89万円
施工事例

堺市で台風による雨漏り!古い瓦屋根から金属屋根に葺き替え工事

瓦屋根葺き替え
DJI_0712
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
台風
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクトSシェイドブラウン
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約166万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

部分足場の組立

藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に...........

スレート屋根点検

今回は羽曳野市にて築25年のスレート屋根のお宅から今後の雨漏りに備えた点検のご依頼をいただきました。今現在雨漏りはしていないとしても定期的な点検は建物とお客様の快適な暮らしを守るためにはとても大切な事です。事前に点検のご依頼を頂き嬉しく思い...........

ドローンを使って撮影

今回は松原市にて屋根改修工事のご依頼をいただきました。ご相談いただいたきっかけは、築70年程経過しているお宅という事ですので、もし瓦が落下したら…とご心配だったようです。また、耐震性に優れた軽量屋根に葺き替えをしたい!とお考えだったようで弊...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913