オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

藤井寺市にて瓦屋根にズレがあり、屋根修理を行いました


藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に流れてしまう恐れがあるということで、瓦屋根の修理のご依頼を承りました。

今回瓦屋根の修理を行った内容をお伝えしていきたいと思います。

屋根修理でも部分で足場を済む場合もあります

部分足場の組立
瓦屋根の修理の工事をするにあたって、足場を組み立てていくんですが、今回は一面だけ組むことになりました。補修箇所によっては全体に足場を組む必要がない場合もあります。コストを抑えられるのでうれしいですよね!

足場には必ずメッシュシートを設置しなければなりません。メッシュシートは工事現場周辺に危害を及ぼすことを予防する為に設置します。また、落下物は作業床だけでなく、屋根などの建物から飛来することがあります。

この様に職人の作業環境を守り、近隣に迷惑をかけないようにするためには、足場とメッシュシートが大きな役割を果たします。

軒先部分に瓦のズレを確認しました

瓦屋根のズレ
雨漏りでのお問い合わせを頂いた住宅のだいたいが瓦のズレです。瓦のズレにより雨漏りが発生してしまいます。

古くからのお宅であれば瓦の下には土が敷き詰められて瓦を支えています。長年湿気を吸い続けることで硬く圧縮された土はどうしても崩れてきます。そして、1枚がズレると隙間ができ雨が入り込みます。
瓦屋根のズレ補修
赤い丸印の中をご覧ください。本来は左側の位置にあったと考えられます。右側の瓦がだいぶズレて雨樋の半分以上にかぶさっているのがわかります。

瓦のズレによっておこる雨漏り

瓦屋根の葺き替え工事
では、さっそく瓦をめくっていきましょう!

まず目に入ったのは瓦の下にある土。これを「葺き土」と言います。葺き土によって瓦は支えられています。

次の写真で説明していきます。
瓦屋根修理・葺き土
1)湿気が溜まり葺き土が崩れだし、瓦がズレて隙間ができる
2)雨が隙間から入り葺き土はさらに崩れて流され、瓦もズレだす
3)下葺き材などがダメージを受け、雨漏りに繋がる

こうまでなると、悪循環です・・・

今回は部分での屋根修理を行いました

屋根補修シルガード
今回のお宅では瓦のズレ以外、中の葺き土もルーフィングシートも劣化がなかった為、そのまま使用しシルガードで瓦を固定しビス止めしていきます。
屋根台土シルガード
今回使用するシルガートは商品名であって、南蛮漆喰の一つです。南蛮漆喰は、漆喰の防水性を高めたものになります。

漆喰と何が違うのか?
漆喰に防水性や強度が高くなるようにシリコンなどが含まれています。耐久性や防水性に優れているので、今回はこちらを使っていきます。

漆喰について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

これで瓦屋根の修理の完了です

瓦屋根軒先補修
しっかり瓦をビス留めし、これで屋根修理の完了です。ズレの修理が済んだので、雨漏りの心配もなくなりました。

今回は瓦のズレによる部分修理になりましたが、表面の瓦だけでなく、下地の野地板、棟瓦や漆喰などの部分の異常も解決できます!

異常の範囲が狭い場合は、今回の様に部分修理を選ぶことにより経済的にも修理を済ませれます。ですが、異常個所が狭くても屋根瓦や下地の耐用年数が近づいている場合は【葺き替え】か【葺き直し】を選ぶことをおすすめします。

屋根修理と一緒に雨樋の掃除もさせて頂きました

雨樋掃除
瓦屋根の修理をした際に雨樋掃除も一緒にさせて頂きました。屋根修理の際しか確認できない箇所になってきますので、業者の方に見てもらいましょう!

今回の様にコケやごみが溜まっていることが多いです。ここまでになると、屋根から流れてきた雨水を地面に流してあげるといった雨樋の役割が果たせません。

なので、綺麗にしていきましょう!

瓦屋根雨樋掃除
雨樋に溜まっていたコケやごみをとってあげると、本来の雨樋の姿になります。これでしっかり雨水を排出することができますね!

建物を劣化させてしまう最大の原因は「建物内部への水の侵入」です。雨樋は雨水を排水溝まで流すことで住宅を水の侵入から守っています。

今回ご依頼いただきましたきっかけは雨水がお隣様に降り注いでしまった為だとおっしゃっていました。点検の際に原因がわかり、しっかり解決したことによって、こういったトラブルもなくなりました。

今回のお客様のようにトラブルが起きてしまう前に定期的なメンテナンスをすることによって防ぐことができるかもしれません。気になることや分からないことがあれば、こちらのお問い合わせフォームからでもご質問を承っておりますので、ぜひご利用下さいませ。


今回の様に瓦のズレでの雨漏り発生した方の工事内容がありますのでご覧ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

藤井寺市にてガルバリウム鋼板の金属屋根 葺き替えの施工事例

IMG_0115
アイジー工業 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト Sシェイドブラック
築年数
40年
建坪
30坪
保証
10年間
工事費用
約120万
施工事例

藤井寺市で外壁・屋根の塗装工事を行いました屋根塗装の事例です

屋根塗装前
屋根塗装完了2
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
アレスクール1液SI
築年数
10年前後
建坪
18坪
保証
5年
工事費用
15万円
施工事例

藤井寺市にて漆喰詰め直し工事と外壁塗装の施工事例

屋根漆喰
漆喰詰め直し
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
外壁塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
約40年
建坪
15坪
保証
5年間
工事費用
70万円(漆喰と外壁塗装)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根補修が必要な瓦屋根

こんにちは。街の屋根やさん松原店です!今回は松原市にて【瓦屋根の漆喰打ち直しと強化棟取り直しの屋根補修】のお問合せを頂きました。実際に工事を始める前に大切なのは事前点検です。街の屋根やさん松原店では事前点検からお見積り提示まで無料でさせて頂...........

雨漏りの補修

こんにちは!街の屋根やさん大阪松原店です!♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢松原市にてお客様から雨漏りをしているとご相談を受け補修のご依頼を頂きました。一度点検させて頂く為、お家にお伺いさせて頂きました。この記事では雨漏り補修の点検...........

瓦屋根補修

こんにちは!街の屋根屋さん大阪松原店です!+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+現在お住まいのお宅ではないのですが、築年数がかなり経っており「今にも瓦屋根が崩れてき...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913