羽曳野市にて雨漏りされているお宅の点検!カバー工法をご提案


今回は羽曳野市にて、現状雨漏りでお困りのお客様より雨漏り改善のお問合せを頂きました。
雨漏りの箇所や程度を点検させて頂き、最善なメンテナンス方法をご提案させて頂きます。

屋根のメンテナンスを行う際の手法としてはいくつか種類があります。
屋根の一部をメンテナンスする屋根補修・屋根を全体的にメンテナンスする葺き替えやカバー工法・塗装する事で防水効果などを保たせる屋根塗装などが主なメンテナンス方法です。

それぞれ劣化の度合いや、現状被害があるか等によって違ってきますが今回のお宅はカバー工法にて施工させて頂く事をご提案させて頂きました。

では、今回のお宅はスレート屋根のお宅です。こんな症状があれば要注意!と言う所も参考にして見て頂けたらと思います(*^-^*)

スレートの表面は色褪せが目立ちます

屋根表面の劣化・色褪せ
まずは屋根全体のドローンによる全景写真です。屋根の表面が色褪せているのがお分かり頂けると思います。
この色褪せは景観が悪くなるだけでは無く、塗装による防水効果が薄れているサインです。

当然防水効果が薄れると雨水の侵入を防ぐ事が出来なくなり、雨漏りの原因になってしまいます。

こちらのお宅は以前塗装によるメンテナンスを行っておられました。スレート屋根の塗装の寿命は約10年とされています。
屋根は日々受けている日差しや雨風によって劣化していくものですので、一般的には10年に一度は塗装の塗り替えをお勧めしています。




屋根のひび割れ箇所確認

スレート屋根ひび割れ
近づいて見てみます。印が付いている箇所にはひび割れが確認出来ました。

これもスレート屋根でみられる劣化症状の一つです。塗装の防水性が切れると雨などが降った際にスレートが水分を吸水するようになります。その水分を含んだ状態のスレートが太陽光などにより急激に乾燥します。その繰り返しで膨張と縮小を何度も起こした結果スレートが耐え切れずひび割れが発生してしまいます。

このまま放置しておくと、ひび割れた隙間から建物内部へ雨漏りが侵入してしまったり、ひび割れ部分の拡大・増加によってスレートの滑落に繋がります。

写真からは少し確認しにくいですが、大きく印をつけた部分にはカビや藻が発生しています。

防水性が薄れ、雨水などの水分を吸収したスレートが日当たりの悪い北面や影になっている箇所にコケや藻が発生してしまうのです。

屋根を留めている釘も年月と共に劣化してきます

屋根材の留め器具劣化
こちらの写真はスレート屋根のてっぺんに施工されている棟板金と言われる部分です。屋根の面と面の山の部分に被せている金属の板です。釘で留めて施工されています。

屋根の頂点にあたる箇所なので一番風などの影響を受けやすく、その影響で釘が浮いたり抜けたりする事があります。
釘のゆるみは雨水の侵入や棟板金の落下に繋がります。

また釘の劣化によるサビなどが発生する事があります。そのまま放置するとやがて全体に広がってしまいます。



屋根の一部に発生したサビ
写真の印をつけた部分にもサビが広がっているのが見て頂けると思います。

こういった屋根の状態は下からでは確認する事は出来ません。屋根の劣化のサインに早めに気付く事が出来れば規模の大きな工事をする事なくメンテナンスする事も可能です。

台風や暴風雨などにより屋根材が飛んでしまった!などと言うお話も良く聞きます。実際に屋根材が飛んでなくても台風や強い雨風の後はクギの浮きなどにも注意してくださいね。
天井雨漏りシミ
こちらは既に雨漏りをしている室内の様子です。少量の雨では分かりにくいそうですが、台風など雨風が強くなると室内への雨漏りが発生するそうです。




室内への雨漏り
雨漏りによる天井のシミです。
屋根の劣化は年月と共に仕方がない事ですが、やはり定期的な点検やメンテナンスをする事で、建物を雨漏りから守る事が出来ます。

劣化症状が進んいる状態ですのでカバー工法をご提案

スレート割れ
スレート屋根の欠けている箇所に印を付けています。おそらく初めは小さなひび割れだった箇所だと思います。
スレートのひび割れを放置しておくと最終的には欠けてしまいます。

屋根の状態を点検するのは本来、業者さんに依頼されるのが確実なのですが、お客様自身で確認する事が出来る箇所もあると思います。ただ、屋根に上がるのは大変危険ですので地上から見上げてみたり、2階の窓から小屋根部分を見てみるのも簡単な点検にはなりますよね😊

もしご自身で屋根の状態を確認した時に何か気になる箇所を見つけたなら、実際の屋根は地上などから見るよりももっと深刻な状態になっている可能性が高いと思っていて下さい。

劣化の程度や範囲によって、シーリング材を使った補修・塗り替えや板金部分の補修など、比較的簡単に出来る工事で改善出来る場合もあります。

屋根材の劣化が激しい場合や、実際に雨漏りしている場合は葺き替えやカバー工法といった屋根全体をしっかりメンテナンスする必要があります。

今回スレートの表面劣化やひび割れ、現状雨漏りされていた為、既存のスレートの上から新しく金属の軽い屋根材を被せていく屋根カバー工法をご提案しました。

弊社では、丁寧にお客様に喜んで頂ける工事を心掛けて施工させて頂いております(*^-^*)

お家のお悩みなどありましたら、ぜひご相談下さいね🎵 些細な事でも喜んで対応させて頂きます⭐

カバー工法の工事事例こちらから見て頂けますので是非参考になさって下さい!!

屋根の

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
80万円
施工事例

堺市で工場(倉庫)スレート屋根・ガルバリウムカバー工法の事例

工場のカバー工法施工前
工場(倉庫)屋根カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
約30年
建坪
200坪
保証
5年間
工事費用
約700万円
施工事例

富田林にて台風に備えてスレート屋根をガルテクトでカバー工法

スレート屋根の劣化状態
東面のスーパーガルテクトフッソ完了
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクトフッソ
築年数
35年
建坪
37坪
保証
5年
工事費用
160万 足場代別途

同じ地域の施工事例

施工事例

羽曳野市にて台風の影響で破損したベランダ屋根のパネル交換

パネル破損
パネル破損 完了
工事内容
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート板
築年数
20年
建坪
28坪
保証
工事費用
3万 足場・塗装工事別途
施工事例

羽曳野市にて屋根補修 瓦の葺き直しと漆喰を火災保険で対応

瓦のずれ
ラバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
火災保険
台風
使用素材
既存の瓦とラバー、漆喰など
築年数
築40年以上
建坪
35坪
保証
1年間
工事費用
15万円
施工事例

羽曳野市にてベランダ屋根のポリカパネル交換工事の事例

2階のベランダのポリカパネル
ベランダ屋根のポリカパネル交換
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネートパネル10枚
築年数
約20年
建坪
30坪
保証
1年間
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カバー工法をお考えの家

富田林にお住いの、以前外壁塗装工事を施工させていただいたお客様から、「この家はゆくゆく孫が住む予定なので、孫が安心して暮らせるようにしておきたい。」「この前の台風21号の時にスレート屋根がたくさん吹き飛ばされたのを見て、ウチの屋根もスレート...........

屋根工事用の足場

狭山市にて、以前に外壁塗装工事をご依頼いただいたお客様から、今後こちらのお宅に住む予定のお孫さんのために家の屋根の補強をしたいとご相談をいただきました。増築時に現在のスレート屋根になり、約15年が経過した現状の状態は塗装によるメンテナンスで...........

屋根の雨漏りでお困りの工場

本日の現場ブログは、平野区からです(^_^)倉庫の雨漏りの点検の様子をご紹介いたします。大阪市平野区にて、倉庫(工場)の屋根が雨漏りしているので点検してほしいとのご依頼をいただきました。お客様は留守がちのようなので、不在時に点検をさせていた...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913