塗装に不向きなスレート屋根材その1 ニチハのパミール


スレート屋根の定期的なメンテナンスは重要ですが、そのうち、塗装出来ないスレート屋根材があるのをご存知でしょうか?その屋根材とはパミールとアーバニーという製品です。

結論からいいますと、これらの屋根材の場合は塗装してはいけません。

パミールとは

パミール

パミールとは、名古屋市に本社があるニチハ株式会社が、平成8年から平成20年までの間に製造した無石綿、いわゆるノンアスベストのスレート屋根材です。

平成8年から各社アスベストを含まない屋根材を製造販売し始め、このパミールもその一つです。アスベストの代わりに使われた素材が想定よりも粘着性や耐久性が低く問題を起こしました。

ここで紹介している写真はどれも築12年以内の屋根です。



パミール
主な不具合として、表面の剥離や浮きです。

ちなみにニチハ側はこれらを経年劣化と主張しているようです。

パミール
また、専用の釘にも不具合があったようです。

塗装に不向きな理由は?

パミール
このように表面が無数にめくれてきますので、高圧洗浄してしまうと、表面の防水層がボロボロになってしまいます。


パミール
また、浮いている箇所をすべて撤去してもめくれない箇所もでてきます。

その状態で上から塗装しても、いずれ表面の防水層が同じ様にめくれてきます。




物理的に塗装不可能ということではなく、塗装してもすぐにめくれるので意味がないということです。

ただ、パミールという屋根材は一見すると他のスレート屋根と形状が似ているため見分けるのが難しく、あまり知識の無いリフォーム業者の場合、普通に塗装出来ますよと言って塗装を行い、早期のめくれが発生してトラブルとなる事例が多いようです。

また、松下電工(現ケイミュー)のレサスも同じような問題が起きています。

自分の家の屋根がパミールかどうかを確認する方法は

・図面や設計図を確認する
・家を建てた不動産や工務店に問い合わせる




パミールのメンテナンス方法は?

PB110015-columns1
もし自分の家の屋根材がパミールだった場合は、そのメンテナンス方法としては
のどちらかとなります。

塗装をしなくても、すぐの雨漏りにはつながることは少ないので時期を見て葺き替えやカバー工法が正しい改修方法といえます。

よほど下地が傷んでいるような状態でなければ、スーパーガルテクト等でのカバー工法が、費用や耐久性の面でおすすめといえます。

 
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913