オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事


工事のきっかけ

以前から屋根の経年劣化が気になっていて、雨が酷い日には雨漏りする様になった。棟板金のサビもどんどん広がっていた為、屋根工事を検討していました。

八尾市 屋根カバー工事,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
既存屋根棟板金撤去
horizontal
after
カバー工事完成写真

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,雨漏り修理
施工期間
約1週間
使用材料
スーパーガルテクト ブラウン
施工内容その他
築年数
約25年
保証年数
穴あき25年
工事費用
90万円
建坪
ハウスメーカー
八尾市にてスレート屋根の破損にお悩みだったお宅の、屋根カバー工事を行いました。屋根カバー工事とはその名の通り、傷んでしまった既存の屋根を新しい屋根材で覆う(カバー)代表的な屋根工事です。重ね葺き工法」とも呼ばれています。

屋根工事といえば皆さんはどんな工事を想像するでしょうか?
屋根葺き替え工事屋根塗装工事瓦屋根の漆喰補修工事棟板金交換工事など屋根工事にも様々な種類がありますよね。今回紹介する屋根カバー工事は、屋根工事の中でも非常に選択される方が多い工事です。

今回行った屋根工事について紹介させて頂きます⭐


屋根カバー工事着工

サビた棟板金
今回屋根工事させて頂くお宅です。スレート屋根は色褪せ、表面の劣化が激しいのが分かります。この様な状態になると新築時の塗膜の効果は期待できません。屋根に塗られていた塗料が紫外線による劣化で色褪せている状態です。
棟板金も外れていて、貫板の腐食も進んでいました😰

スレート屋根のメンテナンス方法は通常屋根の塗装工事が多いです。ですが劣化が著しい場合は塗装工事では不十分な為、葺き替え工事や屋根カバー工事での施工が必要です。

それでは屋根工事のスタートです!まずは、サビが広がって釘の抜けもあった棟板金を全て撤去しました。

ルーフィングシート 重要な建材です

防水シート貼り付け
最初に記述した通り屋根カバー工事の特徴は、既存の屋根材の撤去は行わない。という所でしたね。

と言う事で元々の屋根材はそのままに、新しくルーフィングシートを貼って行きます。
ルーフィングシート施工
改質アスファルトルーフィング(防水シート)を屋根全体を覆う様に貼り付けました。

ルーフィングシートは「屋根下葺き材」とも呼ばれており、屋根材本体以上に重要な建材です。
ルーフィングシートもいくつか種類があり、性質も様々です。

ルーフィングシートについては⇩を参考にして下さい。

カバー工事 屋根材葺き付け

ガルバリウム鋼板取付け
ルーフィングシートの貼り付けが完了したら、いよいよ新しい屋根材葺き付け工事です。

屋根材は軒先から屋根の棟の方に向かって重ねて葺き付けます。この葺き方にも雨水の侵入を防ぐ工夫がなされているんですね。
ガルバリウム鋼板貼り付け
今回屋根カバー工事にて新しく採用する屋根材は
「IG工業、アイジールーフ スーパーガルテクト」という金属屋根です。
色味は「Sシェイドブラウン」で屋根の雰囲気が柔らかい印象に仕上がる色味です。


カバー工事 屋根全体葺き付け完了

棟貫板取付け前
軒先から棟方向に向かって新しい屋根材が葺き付けられました。屋根カバー工事は葺き替えの工事とは異なり、既存の屋根材の上から被せる為、既存の屋根状態に合わせた工事が必要になる事もあります。

そこはプロの職人さんなので、現場によって使う部材等を判断し屋根工事を進めていきます。

今回屋根工事に使用した屋根材についても詳しく紹介しています(*^-^*)

棟板金取付け工事

棟貫板取付け
屋根の頂点にあたる部分(棟)は、屋根の中でも最も弱い箇所です。。
下から順に葺かれた屋根材を貫板で固定し、上から金を被せて雨風からの影響を防ぎます。




棟板金取付け
貫板を取り付けた後は板金で覆っていきます。

スレート屋根や金属屋根の場合は板金で仕上げられている事から棟板金と呼ばれています。
こちらの棟板金は、劣化によりサビが広がっている!と言う事で最初に撤去しましたね。

カバー工事 谷板金と庇工事

谷板金
写真の凹の部分を谷といい、屋根と屋根が合わさる部分に配置されています。

雨水を集めて排水させる役割を担っています。

谷板金施工
以前は、トタンや銅板といった建材が使われており非常にサビやすく雨漏りなどの不具合が多い部分でした。

近年はサビに強いガルバリウム鋼板などが使用される様になりました。

庇カバー工事
窓上の庇部分もカバー工事にて施工させて頂きました。

この様な庇部分も屋根材の劣化により壁との取り合いから雨漏りの原因になる為注意が必要です。

屋根カバー工事完工です

カバー工事完工
屋根カバー工事が完工しました。見た目の印象もガラッと変わりましたね(*^^*)
既存の屋根と新しい屋根の二重構造になる為、断熱性や遮音性もアップしました。もちろん防水機能もしっかり向上している為雨漏りの心配も解消されました。

今回行った屋根カバー工事は弊社でも沢山工事させて頂いています。
カバー工事や屋根に関するお悩み、ご質問などいつでも受けつけておりますので、お気軽にお問い合わせください(*^-^*)



弊社にて行った屋根カバー工事






【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円
施工事例

堺市で雨漏り被害 カバー工法での屋根リフォーム完工しました

軒先から屋根下に雨水侵入
カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
IG工業スーパーガルテクト
築年数
約30年
建坪
20坪
保証
25年(メーカー保証)
工事費用
78万円

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市水捌けの悪いベランダに耐久性の高い塩ビシート防水を施工

防水工事前
塩ビシート防水
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
塩化ビニールシート
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
21万円
施工事例

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消

台風により破損した箇所
修理された瓦
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
1年間
工事費用
約15万円
施工事例

八尾市にて台風被害でブルーシートをしている屋根の瓦補修の事例

台風で瓦の被害
釉薬瓦
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
新しい瓦と屋根材
築年数
築30年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根リフォーム

和泉市で屋根リフォームのお問い合わせをいただいたので調査に行かせてもらいました。後日工事内容をご提案させていただきました。では、その内容をご紹介したいと思います

台風被害を受けた屋根

堺市で台風により雨漏りが深刻な状態になっている為、雨漏り修理希望でお問合せ頂きました。現状はご自身で行っている応急処置にて雨漏りをしのいでいるとの事でした。今回行った雨漏り点検の様子をご覧ください。

ドローンによる上空写真

堺市にて雨漏り修理のお問合せを頂きました。現状雨漏りが酷く困っているとの事で急いで現状の確認に伺いました。今回のお宅は、店舗兼お住まいの建物で築約30年程のお宅です。お問い合わせにもあった様に雨漏りの状態は深刻で室内の天井は落ちてしまってい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913