オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施


工事のきっかけ

築年数も経ち、最近雨漏りするようになった為そろそろきっちり屋根のメンテナンスをとお考えでした。

東大阪市 屋根葺き替え,屋根カバー工事,雨漏り修理 屋根葺き替え工事、屋根カバー工事

ビフォーアフター

before
葺き替え工事前
horizontal
after
葺き替え完工

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,屋根カバー工事,雨漏り修理
施工期間
約1週間
使用材料
防災型平板瓦
施工内容その他
屋根葺き替え工事、屋根カバー工事
築年数
約30年
保証年数
工事費用
100万円
建坪
ハウスメーカー
東大阪市にて行った屋根工事の施工事例をご紹介させて頂きます。今回屋根工事させて頂くお宅は築約30年程の瓦屋根のお宅です。雨漏りにお困りで弊社にご連絡頂きました。

こちらのお客様宅の屋根は通常の切り妻屋根と片流れ屋根が合わさった少し変わった形状の屋根でした。使用されていた屋根材も和瓦とスレートが使われていました。

以前お家を増築された際にその様な形状になったとの事で、屋根と壁が合わさっている取り合い部からの雨漏りが確認出来ました。今後の耐震性向上も考え、屋根材を葺き替える工事を希望されましたので、和瓦の方は葺き替え工事を、スレートだった方の屋根は新しい屋根材を重ねていくカバー工法にて屋根工事をご依頼頂きました(*^^*)

既存屋根の撤去

和瓦の撤去
まずは葺き替え工事を行う瓦の撤去から、屋根工事スタートです。写真から分かるように瓦の下には土がびっしり敷かれています。見ているだけで重そうですね(・ω・)

これを「葺き土」といい、瓦がズレ落ちない様に敷かれています。その上に瓦を押し付ける様にして接着する「土葺き工法」というものが瓦屋根の施工方法では一般的でした。
葺き土撤去
葺き替えの際の瓦の撤去はこの「葺き土」も全て取り除きます。

近年ではこの土葺き工法はほとんど採用されていません。
葺き土の重さと瓦の重さで、建物にかかる重量が非常に重く耐震性には弱い部分がありました。

既存瓦撤去後

下地補修
瓦と葺き土の撤去が完了しました。屋根の下地に痛みがある場合はこの時に補修や強化を行います。

葺き土工法が主流だった当時は、今の様に「耐震性の強化」「躯体の強度」などの概念は無く、もともと強度が強くない躯体(建物の骨組み)の上に重量のある瓦と葺き土を乗せていた為、瓦の落下事故なども多く起こっていました。
瓦の落下と土の落下(>_<)想像しただけで恐ろしいです……。

葺き土工法が行われなくなったのには、関東大震災が深く関係しているんです。関東大震災で倒壊した家屋のほとんどが瓦屋根だった事から、屋根の軽量化が耐震性向上に繋がるとして、葺き土工法も徐々に行われなくなって来ました。

野地板 ルーフィングシート施工

下地補修
先程の下地の上に屋根の土台となる合板を貼り付けていきます。この合板を「野地板」といい、サイズや価格、厚みや品質なども様々な種類があります。

使用する屋根材の種類により、その厚みやサイズが決定します。

ルーフィングシート張り
野地板を貼った後はルーフィングシートを貼ります。

屋根構造はこの野地板、ルーフィングシート、屋根材のセットが施工されて初めて屋根としての効果が得られるんですね(*^-^*)

このセットのどの部分が劣化しても不具合や雨漏りに繋がって行く事を覚えておきましょう!

平板瓦葺き付け工事

垂木施工
ルーフィングシート施工後はいよいよ屋根材の取り付け工事が進んで行きます。楽しみですね(*^-^*)
屋根材を固定する為の垂木を屋根全体に取付けました。今回新たな屋根材として使用するのは「平板瓦」という屋根材です。

平板瓦とはその名の通り平らな瓦です。そのままです(*'▽')
従来の和風の日本瓦を現代風な洋式瓦にアレンジした。と言えば分かりやすいかもしれませんね。
従来の瓦にある凸凹した形状では無く平らな作りでシンプルに作られています。

棟貫板取付け

棟貫板設置
この平板瓦を軒先から順に葺き付け工事を行います。

今回使用する平板瓦にも様々な種類があります。どんな屋根にも使用出来て、見た目の高級感もバッチリ与えてくれる平板瓦には、「防災型平板瓦」「緩勾配型平板瓦」などがあります。

「防災型平板瓦」は耐風性や耐雨性、もちろん耐震性にも優れた瓦です。
「緩勾配型平板瓦」は勾配が緩やかな屋根でも雨水を上手く排出出来る機能が備わった瓦です。上級な防水性と安定性が求められる緩勾配な屋根にも安心して使用出来ます。


防災型平板瓦を使いました

葺き替え完成
今回の屋根葺き替え工事では「防災型平板瓦」を採用しました。
耐用年数は約50年と言われており、特徴的な見た目とシンプルな建物によく合う仕上がりになりました(*^^*)
屋根の棟部分もスマートですね!

写真の奥に見えている部分は、増築された片流れ屋根の建物です。冒頭でご紹介した通り、元の屋根材がスレートでしたので葺き替えでは無くカバー工法にて屋根工事をさせて頂きました。
使用した瓦は同じく「平板瓦」です。二か所の屋根をそれぞれ色味を変える事でさらにカッコいい印象に仕上がりました。

屋根選びを楽しみましょう

震災以降、瓦は重量がある為、屋根材の選択肢から避けられることも多くなって来ました。瓦のデメリットが多く取り上げられていますが、やはり瓦の寿命はどの屋根材も勝てません。日本の気候や風土にとても適しており、とても強い屋根材です。

現在は瓦の軽量化も進んでおり、工事方法も改善されています。もちろん耐震強度も従来のものよりも確実に向上しています。

ご自宅の屋根がどの屋根材が適しているかなどのご相談も是非お気軽にお問い合わせください。
きっとお家にピッタリの素敵なデザインに出会えるはずです(*^-^*)

屋根や建物のお悩み、屋根工事についてのご相談などは街の屋根やさん大阪松原店まで😊

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市屋根リフォーム【ガルバリウム鋼板への屋根葺き替え】

葺き替え工事施工前
葺き替え工事完工
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
台風
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
89万円
施工事例

堺市で台風による雨漏り!古い瓦屋根から金属屋根に葺き替え工事

瓦屋根葺き替え
DJI_0712
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
台風
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクトSシェイドブラウン
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約166万円
施工事例

藤井寺市にてガルバリウム鋼板の金属屋根 葺き替えの施工事例

IMG_0115
アイジー工業 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト Sシェイドブラック
築年数
40年
建坪
30坪
保証
10年間
工事費用
約120万

同じ地域の施工事例

施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円
施工事例

東大阪市にてセキスイかわらUから金属屋根へ葺き替えの施工事例

セキスイ かわらU
ガルバリウム金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
台風
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト フッ素 SFブラウン
築年数
築30年
建坪
45坪
保証
5年間
工事費用
約250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

部分足場の組立

藤井寺市にて、瓦屋根の修理をする前に、先日点検に伺ったんですが、軒先部分の瓦屋根が経年劣化によりズレてしまっていて、雨水を排出してくれる雨樋にまでかぶってしまっていました。これでは上手く屋根の雨水を雨樋に流すことができずにそのまま外壁や床に...........

スレート屋根・ひび割れ

羽曳野市にて雨漏り修理のご依頼をいただき、点検に伺ってきました。屋根材はスレート屋根で、色褪せやカビが生えていたり、棟板金のネジが抜けていたりと、劣化症状が見られました。今回の雨漏り修理のご提案として「カバー工法」をさせて頂きました。その様...........

スレート屋根点検

今回は羽曳野市にて築25年のスレート屋根のお宅から今後の雨漏りに備えた点検のご依頼をいただきました。今現在雨漏りはしていないとしても定期的な点検は建物とお客様の快適な暮らしを守るためにはとても大切な事です。事前に点検のご依頼を頂き嬉しく思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913