オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松原市でスレート屋根の劣化・雨樋の老朽化お困りでお問い合わせ


屋根カバー工法
松原市にて屋根の劣化に伴う雨漏りの不安がある
お問い合わせを頂きました。

お客様のお悩みを聞く為に屋根の無料点検にお伺いします(*^-^*)

こちらのお宅は築約25年程のスレート屋根のお宅でした。

以前に一度塗装工事を行った事があるそうです。

以前から屋根の補修等は考えておられたようですが、
最近は大雨や台風に伴う被害が沢山取り上げられており
この先の災害等に備えるべく屋根のメンテナンスを
行う事に決めたそうです?

お客様が分かりやすい言葉で、普段なかなか見る事の無い
屋根の状態を確認し最善な解決策をご提案させて頂きます

スレート屋根ってどんな屋根?

屋根カバー工法
先程記述しましたがこちらの屋根はスレート屋根と言う種類です
スレート屋根って良く聞くけどどんな屋根なの?
と言う方の為に少しだけご説明させて頂きます。(^^♪

スレート屋根は金属屋根でも瓦屋根でも無い屋根材です。
スレート屋根には『化粧スレート』『天然スレート』と言う種類があり
主に住宅等に多く使われているのが化粧スレートです。

化粧スレートとはセメントと繊維素材を混ぜたもので出来ており
非常に軽く運搬しやすい為、コストも良く多く使われています。

天然スレートはその名の通り天然の粘土岩盤を板状に薄く加工したものです
天然スレートは自然な風合いや品質の高さから高級感のある物ですが
重量があり素材自体が高価な物なので施工費用は高くなってしまうのが
特徴です

スレート屋根(カラーベストと呼ばれることもあります)
少しでもお分かり頂けたでしょうか❓

じっくり屋根を点検しましょう

屋根カバー工法
屋根は常に日差しや雨風にさらされている部分です!
長い間ダメージを受けてきた屋根は当然劣化していきます。
セメントが主成分であるスレートはそれ自体に防水効果はありません。
その為塗装により防水効果が保たれています。
ではもし防水効果を保っている塗装が日差しや雨風によって劣化すると
どうなるのでしょうか?

当然塗膜による防水効果が薄くなったスレート屋根は雨水などを吸収し
スレートそのものの劣化を早めてしまいます。
その結果徐々にスレート自体の耐久性等も失われ屋根の内部が腐食し
雨漏りに繋がっていきます。

スレート屋根の寿命は10年から20年と言われています。
年々日差しも強くなって来ている事もあり
10年程経過している場合は状態を点検してみる事をお勧めします。

普段なかなか発見出来ない部分です

屋根カバー工法
では、スレート屋根の劣化のサインを見ていきましょう!

こちらの写真の赤で囲んだ部分が一部めくれあがっています。

放置しておくと反りあがり部分から浸水し
雨漏りしてしまう恐れがあります。

こうなってしまっている場合はいくら上から塗装をしても
めくれている部分の改善にはならず、補修するかカバー工法
や葺き替えを行って雨水の侵入を防ぐしかありません(>_<)

ご自身でも確認出来る部分ですね

屋根カバー工法
こちらの写真でも、劣化によりスレート屋根が反っているのが
見て頂けると思います。
先程と同様にこの場合も補修等の修繕工事を行わなければ
雨漏り等の危険は避けられません。

これぐらいの低い部分ならお客様自身で下から見ても
十分確認して頂けるとおもいます。

気付いた時にでも一度見てみるのもいいかもしれませんね(*^-^*)

表面のサインも見逃しません

屋根カバー工法
先程からスレート屋根のめくれの部分を見てきましたが
表面の色褪せ等も見落としてはいけない劣化のサインです。

塗装による塗膜の防水効果が薄れてくると
屋根内部の野地板に水分がしみていき雨漏りの原因になります。

こちらの屋根表面も色褪せや黒ずみが目立ちました


雨樋は雨水の通り道

屋根カバー工法
雨樋も老朽化しており、歪みや変形箇所がありました。

雨樋とは屋根に落ちた雨水を受けて一か所に集め
確実に地上まで運ぶ大切な部分です。

雨樋も外れたり割れたりしたまま放置しておくと
雨水の通り道が確保出来ず、
最悪の場合雨水が直接外壁を伝ってしまう為
屋根だけではなく外壁の老築化も早めてしまう事になります。

大切な建物を守る為に屋根や外壁等も点検やメンテナンス
を行って頂きたいです!(^^)!

そのお手伝いが出来る事を嬉しく思っております

今回は屋根の詳しい状態をご説明させて頂き
スレート屋根のカバー工事と雨樋の全交換のご依頼を
頂きました!!

屋根のカバー工事って何?
詳しくはこちらも見てみて下さいね
    ?

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

松原市にて台風の被害によるテラス屋根のポリカ波板交換の事例

テラス屋根
波板の設置
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約6万円
施工事例

松原市にて台風後の瓦屋根の補修工事を行った施工事例

面土漆喰
面土漆喰の施工
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
釉薬瓦(青緑色)・漆喰
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート屋根・ひび割れ

羽曳野市にて雨漏り修理のご依頼をいただき、点検に伺ってきました。屋根材はスレート屋根で、色褪せやカビが生えていたり、棟板金のネジが抜けていたりと、劣化症状が見られました。今回の雨漏り修理のご提案として「カバー工法」をさせて頂きました。その様...........

ドローン撮影 雨漏り修繕

今回は八尾市にて雨漏り修繕のお見積りのご依頼をいただきました。こちらのお宅では普段の雨の際には雨漏りは起こらないようですが、大雨時に雨漏りが起こる事があるそうで業者探しをしていらっしゃたようです。今回弊社にもお見積りのご依頼をいただきました...........

庇雨漏り修理

藤井寺市にて2階の庇が劣化し雨漏りがしているのではないかと相談があり、お伺いさせて頂きました。今回は建物の老築化によって庇板金の劣化具合が深刻だった為、庇板金屋根を修理して雨漏りを修繕する為カバー工法をご提案させて頂きました。点検をさせて頂...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913