東住吉区雨漏り被害、カバー工法で改善をご提案!縁切り不足が要因


本日は東住吉区から雨漏りの修繕依頼のお問合せがありました。
現状室内への雨漏りでお困りだとの事でしたので、現状を点検する為お客様宅にお伺いします。

今回のお宅は、スレートという種類の屋根材が使用されているお宅です。
5年前に一度屋根の塗装をされている様ですですが、程度は酷くないものの室内への雨漏りを確認しました。

雨漏りの箇所が明らかに特定出来る場合は、原因となる所の補修等で雨漏りが改善出来る場合もありますが、屋根その物が経年劣化している場合や、雨漏りの程度が激しく屋根の下地などにも痛みが出ている可能性がある場合は、部分的な補修では不十分です。

後で詳しくお話しますが、スレート屋根を塗装する際には縁切り(えんきり)という作業を行う必要があります。

この縁切りを行わずに塗装を行った場合は、雨水のはけ口を確保出来ない為、雨漏りを引き起こす要因になります。
こちらのお宅では、この縁切り作業を行った様な形跡は見られませんでした。
そのような屋根の詳しい状態を点検しながら、お客様のご要望に沿った改善方法をご提案させて頂きます。

今回は屋根の状態から、カバー工法にて改善する方法をご提案させて頂きました。

では、雨漏りしている建物の状態、点検の様子を見ていきましょう。


スレート屋根雨漏り

スレート屋根表面劣化
現在室内への雨漏りでお困りな状態です。
雨漏りの原因となっている箇所の特定、雨漏りを修繕する為の最善な方法を確認していきます。

そもそもスレート屋根の雨漏りはなぜ起こるのでしょうか?雨漏り等から建物を守るメンテナンスのタイミングは?

まず、スレート屋根にも寿命があります。一般的には10年~20年程だと言われています。
しかしお住まいの環境や、メンテナンスの有無により劣化の進行具合は違ってきます!
スレート屋根の寿命は約20年だから、20年までは大丈夫!!と言う事ではありません。

どのメーカーさんも10年を目安にメンテナンス等を推奨されています。
定期的に正しくメンテナンスを行う事で、屋根本来の持っている性能を発揮出来ると言う事になります。

ただし、この10年と言う年数はあくまでも目安であり、一番は屋根の劣化のサインを見逃さない事です。
劣化の程度が軽いうちに早めのメンテナンスを行うのがベストなタイミングだと思います。

スレート屋根の劣化のサインとは?

塗膜れの劣化
では実際にはどんな状態になったらメンテナンスの必要があるのでしょうか?

写真を見て頂きながらメンテナスするべき劣化のサインをご紹介して行きます。

スレート屋根に使用されている化粧スレートと言う屋根材は主成分がセメントで構成されています。

なのでスレート自体には防水性はありません。表面に塗装する事で塗膜を作り、防水効果が保たれています。

この塗膜による防水性が切れる前に塗装によるメンテナンスを行う事が一般的なスレート屋根のメンテナンスになります。

写真で見る屋根の表面は変色が目立ちます。
この変色は、塗膜が劣化しているサインで、目で見て確認出来るサインです。

ひび割れ・ズレ
こちらの写真もスレート屋根で見られる劣化のサインです。屋根材にひび割れや欠けが発生しています。

塗装の防水性が薄れてくると、スレート屋根自体が雨水などの水分を吸水するようになります。

水分を含んだスレートが太陽光などによって再度急激に乾燥されます。この時スレートが膨張と収縮を繰り返す事になり、その結果スレートが耐え切れずひび割れや欠けを起こす原因となります。

この状態で放置しておくと、ひび割れの隙間から雨水が侵入してしまい雨漏りを起こす事になります。



日当たりによっても違う劣化の差

コケやサビが付着したスレート屋根
写真の印をつけた部分は、コケやカビが発生しています。
こちらも塗装の防水性が切れているサインの一つです。

先程、防水性が切れるとスレートが水分を吸収すると記述しましたね。屋根の中でも日当たりが良い場所と悪い場所があると思います。

コケやカビの発生には、この日当たりも大きく関係しています。日当たりの悪い箇所にあるスレートが、水分を含んだ状態で湿気を持っていると、次第にコケやカビが発生してしまうのです。

コケやカビの程度が軽い場合は、高圧洗浄で綺麗に洗い流し、塗り替える事でメンテナンスを行えます。
棟板金のズレ
赤線を引いた箇所は、屋根材が少し空いている様な状態でした。
ドローンで撮影した写真からはスレートのズレなのか、棟板金がズレているのかしっかり確認出来ない様です。

部分的補修される場合は、実際に屋根に上がって点検する必要があります。

ですが今回のお宅は、現状室内への雨漏りが確認出来ましたので、部分補修や塗り替えではなく、カバー工法にて修繕される事をご提案させて頂きました。

雨漏りは早めに対策を

天井裏雨漏りシミ
雨漏りしている室内や天井裏の点検も同時に行います。
室内への雨漏りが確認出来る時は、その雨漏り箇所のちょうど真上にあたる部分にやねの不具合が起こっている事も少なく無い為、室内の雨漏り箇所の確認も欠かせません。

一度でも雨漏りの通り道が出来てしまうと、雨が降るたびに雨水が建物の内部へ侵入するようになってしまいます。

そうなると木造の柱などは湿気によって腐食してしまいます。湿気を含んだ木材は白アリの大好物です。

ここまでくると建物の耐久性はあっという間に低下してしまいます(>_<)
室内雨漏りシミ
屋根自体の劣化が進んでいる場合、室内への雨漏りが確認出来ない時でも、屋根直下の野地板や断熱材等が水浸!といった状態になっている可能性も十分考えられます。

もともと建物には、水が侵入しにくい様な工夫が凝らされていますが、雨が降る度に雨水に晒されていれば、劣化は進んで行きます。

定期的な点検やメンテナンスを行う事で工事費用も安価で抑える事が出来ます。


雨漏りの要因縁切りとは?

お客様には既存の屋根を全体的に覆う事でメンテナンスをする、カバー工法をご提案したしました。
今回、雨漏りを引き起こしている原因はおそらく、最初に記述した塗装の際の縁切り作業をしていない事によるものだと思われます。縁切りとはどんな作業なのでしょうか?スレート屋根の塗装には欠かせない工程です。

詳しくはこちらを参考にして下さい。

もし、お家に不具合が起こった際、どこがどんな風に不具合を起こしているのか?
どんな修繕工事が必要なのか?と言う内容をしっかりと理解した上で信頼できる業者さんに依頼していただければと思っております。

些細な事でも構いません。お問合せ頂ければ喜んでお伺い致します(*^-^*)



同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
80万円
施工事例

堺市で工場(倉庫)スレート屋根・ガルバリウムカバー工法の事例

工場のカバー工法施工前
工場(倉庫)屋根カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
約30年
建坪
200坪
保証
5年間
工事費用
約700万円
施工事例

富田林にて台風に備えてスレート屋根をガルテクトでカバー工法

スレート屋根の劣化状態
東面のスーパーガルテクトフッソ完了
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクトフッソ
築年数
35年
建坪
37坪
保証
5年
工事費用
160万 足場代別途

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市東住吉区にて雨漏り 棟瓦の取り直しと屋根補修の事例

屋根の補修
棟瓦の取り直し
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
火災保険
台風
使用素材
漆喰と土と新しい瓦(一部)
築年数
築40年
建坪
45坪
保証
1年間
工事費用
約48万円(全ての工事)
施工事例

大阪市東住吉区にてベランダ屋根のトタン交換と補修の施工事例

テラス屋根
ベランダ屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーネート波板とアルミ製アングル
築年数
約25年
建坪
10坪
保証
工事費用
9万円(2箇所)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カバー工法をお考えの家

富田林にお住いの、以前外壁塗装工事を施工させていただいたお客様から、「この家はゆくゆく孫が住む予定なので、孫が安心して暮らせるようにしておきたい。」「この前の台風21号の時にスレート屋根がたくさん吹き飛ばされたのを見て、ウチの屋根もスレート...........

屋根工事用の足場

狭山市にて、以前に外壁塗装工事をご依頼いただいたお客様から、今後こちらのお宅に住む予定のお孫さんのために家の屋根の補強をしたいとご相談をいただきました。増築時に現在のスレート屋根になり、約15年が経過した現状の状態は塗装によるメンテナンスで...........

屋根の雨漏りでお困りの工場

本日の現場ブログは、平野区からです(^_^)倉庫の雨漏りの点検の様子をご紹介いたします。大阪市平野区にて、倉庫(工場)の屋根が雨漏りしているので点検してほしいとのご依頼をいただきました。お客様は留守がちのようなので、不在時に点検をさせていた...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913