オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松原市にて屋根修理 隅棟の瓦が落下し、瓦1枚差し替え工事完工


松原市にて屋根の瓦が落下しているとのご連絡を頂き現地にお伺いしました。昨年の台風で瓦が飛ばされてしまった様でした。瓦は1枚でもかなりの重量があり落下してしまうと大変危険です。今回は落下してしまった瓦の差し替えにて屋根修理をさせて頂きました事例のご紹介です。

隅棟瓦破損箇所

落下した瓦
瓦は素材によって違いはありますが他の屋根材に比べて、寿命が長いと言われていのが特徴です。しかし瓦の下に施工されている「ルーフィング(防水シート)」の寿命は20年程度とされており、一見表面からは問題なく見えていても実は下地やルーフィングの劣化によって雨漏り等の不具合が起こってしまう場合も少なくありません。

その為比較的丈夫で耐用年数の長い瓦であっても20年に一度ぐらいは点検と必要なメンテナンスを行う必要があります。
屋根瓦の耐用年数=屋根全体の耐用年数ではない為注意が必要です。

また今回の様に台風などにより瓦が破損してしまう事も良くあります。知らない間に屋根下地まで劣化して建物自体の老築化を早めてしまう事に繋がらない様に早めのメンテナンスをお勧めしています。

南蛮漆喰で土台を施工

漆喰にて土台作り
今回落下した瓦は「隅棟」と言い大屋根の棟部から屋根の軒先に向かって傾斜した棟の部分です。屋根の棟は屋根の中でも傷みやすく修理機械の多い部分になります。特に20~30年前に建てられた住宅では瓦の固定方法が現在ほど発達しておらず、今回の様に落下してしまう不具合が多く寄せられています。

では、早速落下してしまった瓦を差し替えていきましょう。下り棟の高さを合わせながら漆喰で土台を作ります。今回は「シルガード」と呼ばれている南蛮漆喰を使用しました。後に棟瓦を設置、固定する為の同線針金をしっかり出しておきます。


紐丸瓦とは?

紐丸瓦
再度紐丸瓦を差替えます。先程だしておいた同線針金できっちりと固定しておきます。これで今回の瓦差し替え工事は完了しました。

紐丸瓦➡ 
棟の最上部に載せられる瓦で棟瓦の一種。棟瓦その物を「冠瓦」と呼ぶ場合が多いですが、棟瓦でも形によって名称が違います。冠瓦のうち形状が丸みを持っており重なる部分が紐の様になっている物を紐丸瓦と言います。

瓦差し替え時にはしっかり固定

瓦差し替え
これで破損し落下してしまった隅棟瓦はしっかり固定されました。この部分からの雨水の侵入は心配ありません。

今後、今回修理させて頂いた部分以外のメンテナンスも検討されるとの事でした(*^-^*)


いつでもお問合せ下さい

瓦差し替え
こちら側から見ても綺麗に仕上がっています。今回は弊社に工事のご依頼頂きありがとうございました。

街の屋根やさん大阪松原店では建物に関するお困り事をいつでも受け付けております。雨の多い季節になってきておりますので、大切ね建物を一度点検してみてはいかがですか?些細な事でも大歓迎です(*^-^*)

今回行った様な棟工事他にも事例あります!是非参考にして下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根リフォーム

和泉市で屋根リフォームのお問い合わせをいただいたので調査に行かせてもらいました。後日工事内容をご提案させていただきました。では、その内容をご紹介したいと思います

カーポートパネル損傷

柏原市にてカーポートパネルが飛散したとのご連絡があったので調査に行かせてもらい、後日工事を行いました。その様子をお伝えしたいと思います

棟積み替え工事

堺市にて屋根工事を行いました事例を紹介します。今回屋根工事を行ったお宅は、瓦屋根の和風のお家で雨漏りに困っている状態でした。雨漏りのポイントを見てみると、屋根の棟付近が原因となっている様子でした。では、棟瓦の修繕方法としてはどんな工事がある...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913