オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松原市にて棟板金交換工事 サビにくいガルバリウム鋼板へ 


今回ご紹介させて頂くのは、屋根の棟板金交換工事です。2018年の台風21号の被害で最も多く問合せを頂いたのが棟板金の被害でした。棟板金は屋根の一番てっぺんに設置されており特に台風や雨風の影響を受けやすく、被害が出やすい部分です。

棟板金が破損するとそこから雨漏りを引き起こしたり、棟板金が飛ばされお隣の屋根に当たってしまったなどという被害が報告されています。屋根は普段なかなか目の届く部分ではない為、破損している事実に気が付かない事も多い箇所です。

今回ご依頼頂いたお客様宅も棟板金が一部無くなっており、棟の下地がむき出しになり貫板の腐食が進んでいる状態でした。棟板金交換工事にてサビに強く丈夫なガルバリウム鋼板製の棟板金にへ交換した様子をご紹介させて頂きます。


劣化した既存の棟板金

棟板金交換前
こちらが交換前の棟板金です。棟板金が飛散し無くなっている箇所もありました。


棟板金飛散
このお宅の破損状況はご依頼前の点検の様子を見て頂ければと思います。

撤去した棟板金に広がるサビ

サビが広がった板金
では工事の様子を紹介させて頂きます。まずは既存の棟板金を全て撤去しました。
撤去した板金を見てもサビが全体に広がり穴が開いているのが分かります。

この状態では屋根のてっぺんからの雨水の侵入などを防ぐ事は出来ません。

棟板金下地の腐食

棟下地(貫板腐食)
棟板金をめくってみると、棟の下地(土台)となる貫板部分が腐食しボロボロになっていました。

貫板が腐食すると棟板金を土台にしっかり固定する事が出来ない為、板金の飛散に繋がって行きます。
棟板金がなくなったまま放置するとそこから水が侵入し、やがては室内に雨漏りが発生します。
そうなると屋根の下地や天井裏にも被害が広がっていき、棟板金の交換では不十分になる為修繕工事も大掛かりになり費用も大きくなってしまいます。



腐食した下地の撤去

貫板撤去
棟板金を新しく設置する為、劣化して腐食の進んだ貫板は全て撤去します。

通常この棟板金の下地には木材を採用する事が多いのですが、既存の木材貫板の腐食具合からも分かるように非常に傷みやすく、こまめなメンテナンスが必要です。

その為弊社では棟板金を交換する際には木材の貫板の使用はお勧めしておりません。現在最も多く使用されている貫板は樹脂製の貫板です。木材とは違い雨水に強く腐食しないのが特徴です。

樹脂製の貫板設置

樹脂製の貫板取付け
こちらが樹脂製の貫板です。木材の貫板の場合は通常釘を用いて屋根に取り付ける為耐久性が低く、劣化に伴う釘の抜けなどの問題がありました。

一方樹脂製の貫板の場合はサビにくく抜けにくいステンレス製のビスでしっかりと固定出来る為、耐久性が高く強風により棟板金が浮いてしまった。という不具合が起こりにくくなります。

丈夫な板金下地

樹脂製の貫板取付け
全部の貫板を新しく取り替えました。これでメンテナンスリスクも少なくなり丈夫な棟板金の土台が完成しました。


新たに棟板金取付け

ガルバリウム鋼板板金
新しく棟板金本体を取り付けていきます。
棟板金に使用する建材は耐久性が高いガルバリウム鋼板を使用します。

昔の棟板金のは主にトタン製で鉄製クギを使用して施工されていました。

棟板金交換後
棟板金交換工事が完成しました。

現在の棟板金はガルバリウム鋼板製のものが主流で、固定器具も棟板金の下地も耐久性の高い部材を使用しています。



同時施工でコストパフォーマンスが良くなります

今回工事させて頂いた屋根の棟部分ですが、建物の中でも最も高い位置にあたる箇所の為、基本的には足場の設置を行って工事を行います。足場を立てる事で作業の効率もアップし、安全で質の良い施工が可能になります。

足場を組み立てるだけでもコストがかかる為、今回させて頂いた棟板金交換工事の他に、屋根材自体の塗装工事も追加でご依頼頂きました。この様に、建物のメンテナンスをする上で必ず必要になる足場を屋根工事や外壁工事と組み合わせて行う事でリフォームにかかるコストを有効に活用する事が出来ます。

「そろそろ屋根のリフォームを…」や「外壁の劣化が気になる…」など建物のリフォームをお考えの際は是非ご相談下さい。お客様のご要望とご予算に合わせた最善の方法をご提案させて頂きます(*^-^*)
お悩みご質問など些細な事でも街の屋根やさん大阪松原店までお問い合わせくださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市住吉区にて屋上の笠置板金の交換と塩ビシート防水の事例

台風の被害
笠置板金の交換
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
屋根塗装
使用素材
笠置板金・遮熱塗料・塩ビシート用防水塗料
築年数
25
建坪
25坪
保証
3年間
工事費用
46万円
施工事例

東大阪市 台風21号の強風により吹き飛んだ棟板金の復旧工事

棟板金 下地撤去
棟板金 
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
16万 足場別途
施工事例

高石市にて板金工事!飛散した隅棟板金修理と屋根塗装

築19年のお家
正面の塗装後
工事内容
棟板金交換
使用素材
外壁:関西ペイント アクアセラフッソ  屋根:関西ペイント アレスクール2液F 
築年数
19
建坪
65坪
保証
10年
工事費用
170万

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

松原市にて台風の被害によるテラス屋根のポリカ波板交換の事例

テラス屋根
波板の設置
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約6万円
施工事例

松原市にて台風後の瓦屋根の補修工事を行った施工事例

面土漆喰
面土漆喰の施工
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
釉薬瓦(青緑色)・漆喰
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドローン撮影 雨漏り修繕

今回は八尾市にて雨漏り修繕のお見積りのご依頼をいただきました。こちらのお宅では普段の雨の際には雨漏りは起こらないようですが、大雨時に雨漏りが起こる事があるそうで業者探しをしていらっしゃたようです。今回弊社にもお見積りのご依頼をいただきました...........

スレート屋根点検

今回は羽曳野市にて築25年のスレート屋根のお宅から今後の雨漏りに備えた点検のご依頼をいただきました。今現在雨漏りはしていないとしても定期的な点検は建物とお客様の快適な暮らしを守るためにはとても大切な事です。事前に点検のご依頼を頂き嬉しく思い...........

スレート屋根の色褪せ

今回は柏原市にてスーパーガルテクトを使用したカバー工法での屋根工事をさせていただきました。カバー工法の施工と同時に棟板金・軒先板金・ケラバ板金の交換、アンテナの撤去も同時にさせていただきました。スレート屋根の寿命は20年~30年とされており...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913