オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

羽曳野市 耐久性抜群!塩ビシートを使用して屋上防水をしました


今回は羽曳野市にて屋上防水工事をさせて頂きました。

もともと防水シートを貼られていましたが経年により劣化が激しく、防水シートを貼ってから20年以上経過し防水機能も落ちていましたので、新しく塩ビ防水シートを使ったシート防水工事をさせていただきました。
(点検の様子やその他の防水工法の種類等はこちらからご覧になれます♪)


塩ビ防水シートは耐久性が高い防水シートです。また紫外線や熱などにも強く一度施工すると当分メンテナンス不要な優れものです。
ですがシート防水はシートを貼り合わせて施工していきますので、つなぎ目部分の処理を的確に行わないとシートの剥がれやつなぎ目の隙間から雨水が侵入することもありますので、高い技術力が必要になってきます。高い技術力が必要ですのでシート防水の施工が出来る業者は限られてきます。業者選びの際は工事内容をしっかりと理解し、信頼できる業者に依頼するようお願いします。


では実際の施工工程を見ていきましょう♪

屋上は水はけが悪く雨水が溜まりやすいです!

屋上防水工事
施工前の状態がこちらです。
シートの切れやカビ・錆などが目立ち防水機能が落ちた状態です。
屋上は勾配がゆるいので水はけが悪く雨水が溜まりやすいです。ですので劣化を放置したままにせず防水工事をした方が建物全体の劣化を防ぐ近道なのです。

塩ビシート防水にも『密着工法』『機械固定工法』の2種類があり、防水工事を行う下地の劣化具合等により施工の方法を決定していきます。今回のお宅では下地の痛みが少なかった為『密着工法』を選ばさせて頂きました。

プライマーで接着

塩ビ防水シート
塩ビ防水シートを貼る前に大切なのが清掃です。業務用高圧洗浄機を使用します。
汚れやゴミが付着したままですと新しい防水シートがうまく接着できません。凸部もとっていきます。
そしてしっかりと乾燥させます。


次にプライマー(接着剤)を下地とシートの裏面にしっかりと塗っていきます。
ある程度乾燥させたらシートの上からローラー等でしっかり転圧しシワや空気が入らないように丁寧に貼り付けていきます。


シートとシートのつなぎ目は要注意!

塩ビ防水シートを貼り付けていきます
シートを一枚ずつ貼り付けていきます。
冒頭でもご説明した通り、シートとシートのつなぎ目から雨水が侵入してしまうとせっかく新しい塩ビ防水シートを貼り付けても意味がありません。このつなぎ目を的確に処理していきます。
つなぎ目にコーキング
熱融着でつなぎ目部分すべてを接合していきます。これでシートとシートが一体化します。そしてさらにつなぎ目部分の接合を確認した後、Uシールという特殊な溶剤をつなぎ目部分に塗っていきます。

立ち上がり部分とシートの隙間の処理も大切です!

立ち上がり部分の隙間
立ち上がり部分も処理していきます。

立ち上がり部分にコーキング
立ち上がり部分とシートの隙間にコーキングしていきます。この立ち上がり部分とシートの隙間からも雨水は侵入しやすいので適切な処理が必須です!

専用金具でビス止め

ビス止めしていきます
そして塩ビ鋼板をビス止めし金具でしっかりと固定します。
もちろんビス穴もコーキングで埋めていきます。
立ち上がり部分にビス止め
しわになったり膨らみが出来ないように固定します。
これで水の侵入を防ぐ事が出来ました。

室外機回りの隙間も埋めていきます

室外機の台の足
次に室外機を乗せている台の足回りの隙間を処理していきます。この室外機の台はどうしても移動させることは不可能です。ではどうしたらよいのでしょうか?
室外機廻りにコーキング
足回りに輪っかの型を被せます。そしてその中をコーキングしていき隙間を徹底的に埋めていきます。このような細かな隙間から雨水が侵入してしまうと防水性が落ちてしまいますのでどの工程も慎重に行っていきます。

コーキング完了

室外機廻りにコーキング
しっかりと隙間を埋めました。ここからの塩ビ防水シートの剥がれや切れは心配ありません。

排水ドレンも交換します

排水ドレン交換
最後に排水ドレンです。
排水ドレンも経年による劣化からゴミや枯れ葉が詰まり、さらには部品の一部にヒビが入っている状態で防水性が劣化していました。シート防水工事を行い防水性は確実に上がりました。その際せっかく防水工事をして防水性が向上したのに劣化した排水ドレンのままですと、水が溜まりせっかくの防水層を傷めてしまうリスクが高くなる為、排水ドレンの交換をさせていただきました。
排水ドレンにゴミが詰まらないように蓋を
そしてカバーを被せます。
これは排水ドレンの穴からゴミや枯れ葉などが詰まらないようにするためです。

塩ビ防水シートでの防水工事完成♪

塩ビ防水シートを貼り付けました
これで塩ビ防水シートを使用した屋上防水工事が完成しました!

屋上防水工事といっても様々な施工方法があります。
その時起こっている劣化症状や前回のメンテナンスからの年数等…そのお宅お宅に合った施工方法がございます。
もちろん予算の事もあるかと思います。街の屋根やさん松原店ではお客様やお宅の状況に合わせた施工方法をご提案させていただきます。どんな些細なことでもかまいません!スタッフ一同心からご相談お待ちしております♪


他にも防水工事の事例を掲載しておりますのでこちらからご覧ください♪

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市水捌けの悪いベランダに耐久性の高い塩ビシート防水を施工

防水工事前
塩ビシート防水
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
塩化ビニールシート
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
21万円
施工事例

大阪市住吉区にて屋上の笠置板金の交換と塩ビシート防水の事例

台風の被害
笠置板金の交換
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
屋根塗装
使用素材
笠置板金・遮熱塗料・塩ビシート用防水塗料
築年数
25
建坪
25坪
保証
3年間
工事費用
46万円
施工事例

東大阪市、塩ビシート防水で雨漏りが止まりご満足いただいた事例

東大阪にて雨漏りしているお家
外壁塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
台風
3階建て
使用素材
防水:田島ルーフィング ビュートップ  外壁:関西ペイント アレスダイナミックMUKI 
築年数
30年
建坪
99坪
保証
10年
工事費用
220万

同じ地域の施工事例

施工事例

羽曳野市にて屋根補修 瓦の葺き直しと漆喰を火災保険で対応

瓦のずれ
ラバー工法
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
火災保険
台風
使用素材
既存の瓦とラバー、漆喰など
築年数
築40年以上
建坪
35坪
保証
1年間
工事費用
15万円
施工事例

羽曳野市にてベランダ屋根のポリカパネル交換工事の事例

2階のベランダのポリカパネル
ベランダ屋根のポリカパネル交換
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネートパネル10枚
築年数
約20年
建坪
30坪
保証
1年間
工事費用
18万円
施工事例

羽曳野市にて台風の強風による被害で瓦屋根補修工事を行いました

台風21号による被害
瓦補修工事の完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
いぶし瓦と既存瓦、漆喰
築年数
築40年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ベランダ防水点検をしたお宅

今回はベランダ防水点検のご依頼をいただきました。ご依頼いただいたきっかけは【雨漏り】です。普段の雨の場合は雨漏りはしないようですが大雨の際に雨漏りがしてしまうようです。実は雨漏りは屋根だけが原因ではありません。ベランダや屋根からの雨漏りも意...........

スレート屋根点検

今回は羽曳野市にて築25年のスレート屋根のお宅から今後の雨漏りに備えた点検のご依頼をいただきました。今現在雨漏りはしていないとしても定期的な点検は建物とお客様の快適な暮らしを守るためにはとても大切な事です。事前に点検のご依頼を頂き嬉しく思い...........

ベランダ防水工事

今回は羽曳野市にてベランダの防水工事を行いました。ベランダの床は紫外線や雨の影響を受けやすい為、定期的に補修やメンテナンスを行う必要があります。防水工事にも様な工法があり、施工の条件や防水箇所の形状によってもさせて頂く工事も変わってきます。...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913