オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

松原市 工場のベランダ床ひび割れ・剥がれで水がたまる【防水工事】


松原市にて工場のベランダの床がひび割れや床が剥がれたりといった症状で「雨水などが流れてくれない」との相談を頂き、今回塩ビシートで防水工事を行うことになりました。

防水工事には様々な工法があります。施工の条件や防水箇所の形状によっておススメする工法も違ってきます。ベランダで使用される防水工事は「ウレタン防水」「FRP防水」「シート防水」があります。

今回のお客様に使用させて頂いたのは「シート防水」です。シート防水はゴムや塩化ビニールで出来たシートを接着剤や専用の機械で固定し、水の侵入を防ぐ工事です。

シート防水は防水工事の中でも耐久性に優れています。熱や紫外線に強く防水性のあるシートの為、最大で15年程長持ちさせられます。
※使用するシートがゴムシートか塩ビシートかでも耐用年数は変わってきます

防水工事をする前の状態です

ベランダ防水工事
まずはこちら工事前のお写真になります。

床が割れていたり、剥がれていたりと、かなり劣化しているのがわかります・・・

防水工事をしていく前に今の状態ではできないので、しっかり掃除をしていきます。


ベランダ床劣化
シート防水工事には種類の工法があります。

密着工法・・・専用の接着剤を使って工事箇所とシートを接着する工法です。通気性がないので、まだ雨漏りをしていない箇所向けです。接着剤を使用する為、工事箇所を十分に乾燥させる必要があります。

機械固定工法・・・専用の機械で工事箇所とシートを接着する工法です。密着工法とは違い、工事箇所からシートの一部が浮いた状態になる工法です。なので、通気性を確保できます。雨漏りしていても工事可能の工法です。

施工箇所にあっていない工法を選ぶと工事後に不具合が生じてしまいます。ですので、必ず信頼できる業者にお願いしましょう!!

塩ビシート防水工事を行っていきます

塩ビシート防水
今回使うのは優れた耐久性・防水性とコストパフォーマンスを兼ね備えた塩ビシートを使って密着工法で施工させて頂きました。

まずはプライマー(接着剤)を塗布していきます。
塩ビシート防水・プライマー塗布
立ち上がり部分は接着剤にて直接塩ビシートの取り付けを行います。

※塩ビシートは耐候性が高く紫外線にも強いという特徴がありますが、シートを貼り合わせて施工していくため、凸凹が多く形状が複雑な箇所は不向きです

改修ドレンは防水工事には必修!?

改修ドレン周り補修
次に改修ドレン周りをしていきます。

改修ドレンとは?
雨水、雑排水や汚水などを排水する為の管や溝、およびその為の部品を指します。
改修ドレンは防水層と雨樋をつなぐ素材で防水面で受けた雨水を集水し樋へと流す重要な役割があります。
改修ドレン
ドレンが劣化すれば雨漏りをする可能性があります。またドレンの材質として、鉄製鋳物で出来ているのがほとんどでそのため、錆による劣化が考えられます。

ドレンが錆びると防水性能が低下してしまい、雨漏りの原因になるのです。

改修ドレンは防水工事では必修ですが、注意点をしっかり把握し工事を行うことが大切になります。

立ち上がり部分もしっかり貼り付けることは防水工事では重要です!

2020_11_28_09_18_49_638_19-1-columns2
立ち上がり部分も剥がれないようしっかりと密着させていきます。塩ビシートの固定方法として溶着材や熱風機を使っていきます。熱風機を当てながらへらで押さえつけ接着していきます。
2020_11_28_09_18_49_638_18-columns2
さらに上から溶着していきます。隙間なくしっかり貼り付けることで雨水の侵入を防ぎます。

つなぎめまでしっかり埋めていくのが大事

塩ビシートつなぎ目
シートの重なった部分を圧着させ、つなぎ目を埋めていきます。

防水工事の数か月後にシートが剥がれてきたというお客様のお声を耳にしたことがあります。それはこのつなぎ目部分の接着がうまくできていないということが要因です。
2020_11_28_09_18_49_639_21-1-columns2
立ち上がり部分の出隅や入隅には塩ビ鋼板をアンカーで打ち付けて固定していきます。

ベランダは傾斜が少なく水捌けが非常に悪いので、床面に葉防水処理が施されています。防水シートや防水塗装を施工して防水層を形成することで雨漏りが発生しないように作られているのです。

ですが、経年劣化は起きてしまいます。メンテナンスを行い、事前に防ぐことが大事です!

防止工事に塩ビシートをおススメいたします

雨漏り修理塩ビシート工事
弊社では屋上ベランダ工事やベランダ防水工事は塩ビシートをおススメしております。

防水工事に塩ビシートをおススメする理由は?
10年保証を付けられる
不具合がほとんどない
雨漏りの解消率が高い

といったことが挙げられます。
塩ビシート防水
施工前とは見違えるように綺麗になりましたね✨
塩ビシート防水工事は低コストで短時間の工事で済みます。そして、寿命も長く紫外線や熱に対して耐久性があるといったメリットがあります😊

今回行った防水工事は塩ビシートでの密着工法でした。

ベランダの劣化による漏水が考えられたため、ベランダ防水工事と改修ドレンの補修を行いました。今回のように下地が傷んでいても工事が可能ということが特徴です!

ひび割れや床が剥がれてしまっているといった劣化症状が出ていても、防水工事を行えば、雨漏りを防ぐことが可能ですし、見た目も綺麗になるのもうれしいですよね!

街の屋根やさん大阪松原店は工場や倉庫などのベランダの工事も承っておりますので、お問い合わせフォームにてお気軽にご相談下さいませ。
無料で点検もさせて頂きます!こちらをご覧ください(*'▽')

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

松原市にて台風の被害によるテラス屋根のポリカ波板交換の事例

テラス屋根
波板の設置
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約6万円
施工事例

松原市にて台風後の瓦屋根の補修工事を行った施工事例

面土漆喰
面土漆喰の施工
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
釉薬瓦(青緑色)・漆喰
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

藤井寺市 屋根葺き替え

こんにちは!街の屋根やさん大阪松原店です!藤井寺市のお客様に屋根葺き替えのご提案をさせて頂きました。✓屋根葺き替えとは?これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材を葺き替える工事です。♦ご依頼を頂いたきっかけ♦・天井に雨染みを発見し雨漏りが...........

和泉市 雨漏り点検

こんにちは!街の屋根やさん大阪松原店です!和泉市のお客様より、雨漏り点検のご依頼を頂きました。この記事では✓雨漏り点検とは何をするの?✓費用はどのくらいかかるの?✓弊社で行った雨漏り点検のご紹介✓新型コロナウイルス感染症対策をご紹介していき...........

雨漏り調査のご依頼

こんにちは 街の屋根やさん松原店です!今回は東大阪市にて雨漏り調査のご依頼をいただきました。✓ご依頼いただいたきっかけ築年数的にもそろそろ雨漏りの心配や屋根のメンテナンスの必要性があるのでは?とお考えだったそうで弊社にご連絡をいただきました...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913