オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

八尾市より台風被害で瓦割れ!屋根修理と漆喰工事で雨漏りの心配も解消


工事のきっかけ

台風の影響で瓦が破損してしまった為、雨漏り等の不具合が起こる前に修理を希望されていました。

八尾市 屋根補修工事,漆喰詰め直し,雨漏り修理,台風

ビフォーアフター

before
台風により破損した箇所
horizontal
after
修理された瓦

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,漆喰詰め直し,雨漏り修理,台風
施工期間
3日
使用材料
釉薬瓦
施工内容その他
築年数
約30年
保証年数
1年間
工事費用
約15万円
建坪
ハウスメーカー
八尾市にて以前の台風の影響で屋根の瓦が破損してしまいお困りのお客様より修理依頼のお問合せを頂きました。
まずは破損個所の確認をさせて頂く為にお伺いしました。

お客様自身ではなかなか確認出来ない屋根の点検をドローンにて確認させて頂きます。

点検から修理の工程をご紹介させて頂きたいと思います。

ドローンによる点検を詳しく知りたいなどありましたらこちらもご覧ください!

瓦屋根の破損箇所点検します

DJI_0305-columns1
では早速点検を行います。弊社では屋根の点検の際ドローンにて撮影を行います。
ドローンによる点検を導入する事により屋根に上がる事無く屋根の状況を確認する事が出来ます。

こちらは築約20~30年程の瓦屋根のお宅です。特に雨漏り等の不具合は起こっていない様でした。

瓦が割れて落下の危険があります

台風により破損した箇所
瓦の破損部分が確認出来ました。瓦2枚程が割れてしまっています。
屋根材の下には防水シートなども施工されている為、瓦が割れてしまったからと言ってすぐに雨漏りに繋がるという事はありませんが、ここから雨水が侵入する事は避けれません。

その為このままの状態にしておくと、侵入した雨水が屋根の下地に入り込みゆくゆくは雨漏りに繋がってしまいます。

今回の様に瓦が一部だけ破損している場合、割れている箇所だけ修理する事が可能です。
ですがこの状態を長期間放置しておくと下地が傷んでしまう為、下地ごとメンテナンスする必要がある為時間も費用もかかってしまいます。



経年劣化により漆喰が剝がれていました

経年劣化した漆喰
破損箇所以外もしっかり点検していきます。
写真の赤線で印をつけた部分は漆喰という部分です。

漆喰と言う建築部材をご存じの方も多くいらっしゃると思います。漆喰とは瓦と瓦の隙間を埋めるように施工されているもので簡単に言うと瓦同士をしっかり固定する為の接着剤みたいな役割をしています。

瓦自体の寿命は長く、割れたりなどの破損が無い限りは50年~80年程だと言われています。

しかしこの漆喰部分は強い日差しや雨風に晒される事で次第に劣化が進み、割れてしまったり剝がれてしまったりしていきます。

その為漆喰の寿命は10年~15年と瓦に比べると非常に短いです。
経年劣化で剝がれた漆喰
こちらの写真の印を付けた部分を見て頂きます。

先程記述した漆喰が剝がれている箇所と残っている箇所がありますね?

劣化した漆喰が剝がれてしまっています。漆喰は瓦と瓦をしっかりと固定してくれる大切な部材です。
この様な状態になると瓦がズレてしまったり、ここから雨水が侵入し雨漏りを引き起こしてしまう原因になります。

建物を守る為にはしっかりメンテナンスを行って頂く事をお勧めします。


鬼瓦部分も漆喰が剝がれています

漆喰の劣化で空いてしまった瓦
鬼瓦部分も漆喰が剝がれてなくなっていました。
この様な部分からも雨水が侵入する可能性がありますのでこちらもメンテナンスをされた方が良い箇所です。

今回は瓦の破損部分の修理と経年劣化によって剝がれてしまっている漆喰の詰め直しをさせて頂く事になりました



破損した瓦修理完了

修理された瓦
割れた瓦を撤去し新しい瓦に差し替えました。

これでこの部分からの雨水の侵入の心配は無くなりました。


瓦修理完了
この様に1枚単位での修理が出来る事も瓦屋根の特徴ともいえます。


漆喰も綺麗に詰め直されました

漆喰の詰め直し
漆喰も綺麗に詰め直しました。

既存の劣化した漆喰を綺麗に撤去します。
この時漆喰の下地である葺き土が水分を含んでいないかしっかり確認しながら行います。
葺き土が濡れていた李、草やコケが生えている時は雨水が侵入しているサインです。

新しい漆喰を塗り込む面を平らにならします。
漆喰を詰めた時にしっかり密着させる為です。

劣化した漆喰は先程の写真の様に黒ずんできます。
本来の漆喰は写真の様に真っ白なものです。

鬼瓦漆喰詰め直し
同様に鬼瓦部分も漆喰詰め直しました。

漆喰の劣化を放置し、劣化部分から雨水が侵入したりすると雨漏りを引き起こしてしまう事になります。

そうなると屋根の棟全体の修理が必要になる場合もあります。そうなるともちろんかかる費用も大きくなってしまいます。

漆喰のメンテナンス時期は10年~15年とされていますが、日ごろから定期的に点検しておく事をお勧めしています。

点検の際も決してご自身で屋根に上がって点検せず、屋根修理の業者さんにお願いして下さい。


雨漏りの心配が解消されてお客様にも喜んで頂きました。

街の屋根やさん大阪松原店より
瓦屋根修理の事例をご紹介させて頂きました。

点検のご依頼や屋根でお困りの時はぜひお気軽にお問い合わせくださいね(*^-^*)
お問合せはこちらから是非
メール    電話0120-306-913


【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

住吉区にて台風の強風で破損したベランダ屋根の波板修理

ベランダ屋根のポリカ波板交換
ベランダ屋根の波板交換
工事内容
屋根補修工事
台風
3階建て
使用素材
ポリカ波板
築年数
約20年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
5.5万円
施工事例

東大阪市にて台風でお困りのお客さまの屋根カバー工法の施工事例

屋根防水シート
ガルテクト
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
15坪
保証
25年間(メーカー保証)
工事費用
80万円
施工事例

大阪市住吉区にて屋上の笠置板金の交換と塩ビシート防水の事例

台風の被害
笠置板金の交換
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
屋根塗装
使用素材
笠置板金・遮熱塗料・塩ビシート用防水塗料
築年数
25
建坪
25坪
保証
3年間
工事費用
46万円

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

八尾市水捌けの悪いベランダに耐久性の高い塩ビシート防水を施工

防水工事前
塩ビシート防水
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
塩化ビニールシート
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
21万円
施工事例

八尾市にて台風被害でブルーシートをしている屋根の瓦補修の事例

台風で瓦の被害
釉薬瓦
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
新しい瓦と屋根材
築年数
築30年
建坪
25坪
保証
1年間
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カーポートパネル損傷

柏原市にてカーポートパネルが飛散したとのご連絡があったので調査に行かせてもらい、後日工事を行いました。その様子をお伝えしたいと思います

庇の錆

藤井寺市で雨漏りで困ってますとご連絡があったので、雨漏りしている原因を確認する為雨漏り点検にお伺いしました。今回お伺いしたお宅は瓦屋根のお宅です。日本で昔から親しまれている日本瓦ですが、1番の特徴は耐用年数の長さです。瓦の寿命は約100年近...........

点検開始棟板金破損

堺市にて昨年の台風で屋根の棟板金が破損し、今にも落ちてきそうだとのお問合せがありました。被害の状況を確認する為屋根点検にお伺いしました。屋根の状態はお問合せにあった通り棟板金が飛ばされ、今にも落下してしまいそうな危険な状態でした。屋根の素材...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913