オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松原市にて行った防水工事をご紹介【塩ビシート防水施工】


松原市にて防水工事を行いました。今回行うのはベランダです。
防水工事にも様々な工法があり、施工の条件や防水箇所の形状によってお勧めする方法も違います。
ベランダで使用される防水工事は、FRP防水・ウレタン防水・シート防水の3種類があります。

今回施工させて頂いたのはシート防水です。シート防水はシートを敷いて行う防水工事で「ゴムシート防水」と「塩ビシート防水」があります。

昔はゴムシート防水が主流に行われてきましたが、現在はより厚くて丈夫な塩ビシート防水が多く使用されています。
今回施工させていただいたのも塩ビシート防水です!実際の防水工事がどの様に施工されていくのか、手順や施工の様子をご紹介させて頂きます。

防水工事前

防水工事前
防水工事前のベランダの状態です。
こちらのベランダは比較的広くて平面な形状です。

先程記述したシート防水は、このベランダの様に比較的平面が多い箇所に適した防水工事です。
耐久性にも優れている為人気の高い防水工事になります。

マンションやビルなどの屋上での防水工事にもこの方法が採用されています。

防水工事前
こちらのお宅は以前点検にお伺いさせて頂いております。

現場調査の様子も合わせて見て頂くとベランダの現状など詳しくご紹介していますので分かりやすいかと思います。

防水工事スタート

16292-columns1
まずは、防水工事を行う箇所の洗浄作業を行います。カビやコケ、汚れ等はこの工程で綺麗に落としておきます。
洗浄といっても家庭用のホースなどでの洗浄とは違い、業務用の高圧洗浄機にて素早く確実に防水面を洗浄します。

洗浄後、下地にプライマーというシート防水用の下地処理剤を塗布していきます。
塩ビシート防水にも「密着工法」「機械固定工法」という工法があり、防水工事を行う下地の劣化具合や傷み具合によって施工の工法を決定します。今回のお宅は下地の痛みがが少なかった為、密着工法にて施工していきます。

塩ビシート貼り付け

接着剤塗布
下地用のプライマーを乾燥させた後は接着剤を塗布していきます。

塩ビシートは正式にはポリ塩化ビニル樹脂を主成分とした合成高分子系防水シートです。




塩ビシート貼り付け
塩ビ防水シートを貼り合わせていきます。

塩ビシートは耐候性が高く紫外線にも強いという特徴がありますが、シートを貼り合わせて施工していく為凹凸が多く形状が複雑な場所には不向きです。

防水工事 脱気筒取付け

脱気筒
こちらは脱気筒という器具です。
下地とシートの間に溜まる湿気を逃がしてくれる物になります。
脱気筒取付け
脱気筒を取り付けていきます。

各メーカーによって脱気筒工法の無い場合もあります。

シート防水工事はジョイント部の処理がポイント

ジョイント部分熱で溶かして密着
シート防水は、シートを貼り合わして施工していく為シート同士が重なる部分があります。

シート同士が重なっているジョイント部分はしっかり密着させる為に熱で溶かして一体化させる作業を行います。

シート防水はこのジョイント部分の処理を確実に行わないとシートが剝がれ漏水の原因に繋がります。
これでジョイント部からの水の侵入は防ぐ事が出来ます。
立ち上がり部分
立ち上がり部分も剝がれが無い様にしっかりと密着させていきます。

シートの立ち上がり部分には専用の金具を取り付けてしっかり固定しておきます。

しわになったり、膨れが出来てしまうと防水の強度が低下する為どの工程も慎重に行って行きます。


シート防水の細かいつなぎ目

Uシール
最後にシートの重なった部分を圧着させ、Uシールと呼ばれる部材でつなぎ目を埋めます。

防水工事後、数ヶ月でシートが剝がれてきたというお声も耳にする事がありますが、このつなぎ目部分の接着が上手くいっていない事が要因です。
コーキング
立ち上がり際に取り付けた金具のビス穴をコーキングでしっかりと埋めておきます。

この様な小さな穴も漏水の可能性がある為きっちり塞いでおきます。

防水工事完工

ベランダ塩ビシート防水
塩ビシート防水工事が完了しました。
シート防水はシート自体に防水機能があり、耐久性が高いのが特徴です。

シート防水以外のほとんどの防水工事は溶剤や樹脂、液体といった材料を使用する為、溶剤などで強い臭いが発生する事がありますが、シート防水の場合は臭いが少ないというメリットも持ち合わせています。
ベランダ塩ビシート防水
シート防水は工事の難易度が高い上、ウレタン防水などと比較すると主流の工法から外れている為施工出来る技術者が少なく、防水専門業者でも施工出来る業者はあまりいません。

防水工事を行う際は、施工業者をしっかり選び信頼できる業者へ依頼するようにして下さい。

弊社でも防水工事は各種扱っていますのでお気軽にお問い合わせくださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市にて屋根工事 平板瓦を使った葺き替えとカバー工法実施

葺き替え工事前
葺き替え完工
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
防災型平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
100万円
施工事例

八尾市での屋根工事事例 劣化したスレート屋根のカバー工事

既存屋根棟板金撤去
カバー工事完成写真
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト ブラウン
築年数
約25年
建坪
保証
穴あき25年
工事費用
90万円
施工事例

東大阪市での屋根リフォーム 強化棟への積み替えと瓦の差し替え

屋根リフォーム前
冠瓦取付け
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
シルガード、釉薬瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
35万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

松原市にて台風の被害によるテラス屋根のポリカ波板交換の事例

テラス屋根
波板の設置
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約6万円
施工事例

松原市にて台風後の瓦屋根の補修工事を行った施工事例

面土漆喰
面土漆喰の施工
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
釉薬瓦(青緑色)・漆喰
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート屋根・ひび割れ

羽曳野市にて雨漏り修理のご依頼をいただき、点検に伺ってきました。屋根材はスレート屋根で、色褪せやカビが生えていたり、棟板金のネジが抜けていたりと、劣化症状が見られました。今回の雨漏り修理のご提案として「カバー工法」をさせて頂きました。その様...........

波型スレート屋根からの

波型スレート屋根を使用しているモータープールの持ち主の方からご連絡を頂き、雨漏りがしているとのことでした。こちらの屋根は築年数が経っており劣化具合がひどく、過去にも何度か雨漏りがあり、修理をされているのですが、また別の箇所からの雨漏りが発生...........

ドローン撮影 雨漏り修繕

今回は八尾市にて雨漏り修繕のお見積りのご依頼をいただきました。こちらのお宅では普段の雨の際には雨漏りは起こらないようですが、大雨時に雨漏りが起こる事があるそうで業者探しをしていらっしゃたようです。今回弊社にもお見積りのご依頼をいただきました...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913