オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松原市にて屋根塗装(工場の折板屋根)の事例紹介


工事のきっかけ

築年数約30年が経ち、メンテナンスを行っていなかった為、屋根塗装を検討していた。

松原市 屋根塗装,工場,商業施設 折板屋根塗装

ビフォーアフター

before
屋根塗装前の折板
horizontal
after
折板屋根塗装完了

工事基本情報

施工内容
屋根塗装,工場,商業施設
施工期間
約1週間
使用材料
施工内容その他
折板屋根塗装
築年数
約30年
保証年数
工事費用
150万
建坪
153坪
ハウスメーカー
松原市にて折板屋根塗装工事を行いました事例です。塗装前は劣化による塗膜の剝がれが目立ちました。
本来は水捌けが良い屋根材として大型の工場や倉庫などで多く使われている金属屋根ですが、塗膜の剝がれにより水捌けが悪くなり、サビが発生する原因になります。

サビが広がって行くとやがて穴が開いて雨漏りに繋がって行きますよね。そうなる前にしっかりメンテナンスを行って行きましょう。

そもそも折板屋根って聞いた事はあるけどどんな屋根なの?
という方もいらっしゃると思いますので、今回行った屋根塗装の様子と一緒に、折板屋根についてもご紹介出来ればと思いますのでご一読ください(*^^*)

屋根塗装前

屋根塗装前の折板
屋根塗装前の折半の様子(写真)
前回の屋根塗装から10年以上経過し、色褪せや手で触ると粉がつく状態です。

まずは
「折板屋根」について
折板屋根とは、凸凹の形状に加工した金属屋根を使用した屋根を「折板屋根」といいます。

これだけ聞くと難しいですね。簡単に言うと「折板」とは金属の屋根材を葺く時に選ばれる施工方法の1つです。
金属屋根を波型に形成して葺いているのが「折板屋根」といいます。

金属屋根は約10年に1度の塗装がお勧め(塗料の種類によりますが)

塗装前の折板屋根
どんな屋根材でも同じですが、折板屋根のメンテナンス時期も劣化の度合いによって違ってきます。

一般的に折板屋根の耐用年数は約20~30年程で、20年を過ぎてもメンテナンスを行っていない場合は、雨漏り等の有無にかかわらず塗装によるメンテナンスを行って下さい。

今回塗装する折板屋根は、塗膜の剝がれは目立ちますが、サビが広がって穴が開いている様な箇所はありませんでした。

ですので再塗装する事で寿命を延ばす事が出来ます。
塗膜の剝がれ
サビが広がり屋根に穴が開いてしまっている様なら、塗装では無く、葺き替えやカバー工事を行うなど大規模な工事が必要になります。

また、雨漏りしているなどの不具合が出ている時は屋根の塗装だけではなかなか雨漏りを止める事が出来ない為、固定ボルトなどの劣化にも注意が必要です。

屋根を元気な状態で保つには、10年に1度は屋根塗装を行うのが理想的です。

屋根塗装(下地処理が重要)

塗装前洗浄
それでは折半屋根塗装の工程を見ていきましょう。

まずは塗装工事の最も大事な工程だといえる高圧洗浄で、長年の汚れを綺麗に落としていきましょう。

塗装箇所の洗浄工程は、屋根塗装の仕上がりを大きく左右する事は皆さんもご存じですね(*^-^*)
汚れが残っている状態だと新しく塗装する塗料が密着せず、塗装後すぐに剝がれてきた。
なんて事にもなりますので、ここはしっかり丁寧に行います。

サビが発生している時は、ケレン作業も行います。サビを削って落としていく作業です。

折板屋根塗装の下塗り

洗浄後下塗り
高圧洗浄やケレン作業などの下地処理をしっかり行った後は塗装作業に入って行きます。

写真は屋根塗装の下塗り風景です。塗装工事における下塗りは仕上げ塗料の密着性を高めてくれる役割があるのできっちり行いたい工程です。

ですが、塗装費用を抑える為に下塗りを省く業者様もあるようですので気を付けて下さいね(>_<)
折板屋根塗装下塗り完成
今回使用した下塗り塗料は、サビを抑える効果のある下塗り材です。

サビ止め効果がある塗料を塗装する事で、塗装後のサビの発生を抑える事が出来るんです。

サビも抑えて塗装の耐久性もアップできるなんて優秀な塗料ですね(*^^*)。

折板屋根塗装の中塗り

折板屋根塗装 中塗り
続いて折半屋根塗装の中塗り作業に移ります。
もちろん下塗りをしっかり乾かした後で行います。

中塗りと仕上げ塗りは、同じ塗料を使って塗装して行きます。同じ塗料を2度塗りする事で、塗り残し無く綺麗に仕上がって行きます。

折板屋根塗装 中塗り
塗膜の厚みも確保出来、丈夫な塗装になるんですね。

折板屋根は金属屋根の種類だと言う事は冒頭でお話しましたよね。金属屋根のデメリットと言えば、熱伝導率が高いので、室内の温度が上がりやすくなってしまいます。


屋根の温度上昇を抑えるポイントは?

折板屋根塗装 中塗り
ここで折板屋根塗装のおさえておきたいポイントを見ていきましょう。

仕上げに使う塗料を白系にする事で室内の温度の上昇を抑える事が出来るんです(*^-^*)
え?塗料の色味だけで室内の温度が変わるの?と思った方もいると思います。

分かりやすく言い換えると、屋根が受ける熱を一番跳ね返してくれる(反射効率が高い)色が白色なんですね。
例えば車のボディー色なんかを思い浮かべるとイメージしやすいでしょうか。ズバリ!!黒い車は暑いです。

しかし、お洒落な美観やシンプルな建物って、黒系のモダンな色味が多いと思いませんか?
白い屋根なんてなかなか見ないですよね(´・ω・)

周りから浮いたような色味には抵抗があるけど、でも熱反射も気になる(>_<)
そんな時はグレーなどの中間色を選択してみるのがお勧めです。

屋根塗装仕上がりました(*^^*)

折板屋根塗装完了
では、仕上がりを見ていきましょう!塗膜が剝がれてボロボロだったとは思えない位ピカピカに仕上がりました。

確かに白は一際目立ちますね。真っ白でなくても熱の反射率が良い色味などもあります。黒に近い色でも通常の塗料よりも遮熱効果のある塗料もあります。
近年は塗料の性能もどんどん向上しています。色味も種類もランクも沢山ありますので、ぜひ色選びを楽しんでください(*^^*)

いつでもご相談下さいね

今回弊社にて屋根塗装工事をご依頼頂きありがとうございました。

街の屋根やさん大阪松原店は、お客様に「屋根やさんにお願いして良かった」と言われる様な業者でありたいと日々頑張っております!建物に関するお悩みやお困り事などありましたらいつでもお問い合わせ下さいね(*^^*)

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市南区にてセキスイハイムのセメント瓦の屋根フッソ塗装

セキスイハイム セメント瓦塗装
セキスイハイム セメント瓦塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
大同塗料ハイルーフマイルドフッソ
築年数
18年
建坪
33坪
保証
7年
工事費用
30万 足場別途
施工事例

大阪市住吉区にて屋上の笠置板金の交換と塩ビシート防水の事例

台風の被害
笠置板金の交換
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
屋根塗装
使用素材
笠置板金・遮熱塗料・塩ビシート用防水塗料
築年数
25
建坪
25坪
保証
3年間
工事費用
46万円
施工事例

和泉市にて強風の雨の時に雨漏りが発生する瓦棒屋根の塗装と補修

瓦棒屋根 雨漏り補修
瓦棒屋根 雨漏り補修
工事内容
雨漏り修理
屋根塗装
台風
マンション
使用素材
日本ペイント ルーフペイント
築年数
35年
建坪
85坪
保証
3年
工事費用
35万

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて台風被害!蔵の棟瓦の取り直しと屋根補修工事の事例

台風21号による瓦の被害
瓦の補修
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
台風
使用素材
新しい瓦
築年数
築50年以上
建坪
15坪
保証
1年間
工事費用
約27万円
施工事例

松原市にて台風の被害によるテラス屋根のポリカ波板交換の事例

テラス屋根
波板の設置
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約6万円
施工事例

松原市にて台風後の瓦屋根の補修工事を行った施工事例

面土漆喰
面土漆喰の施工
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
釉薬瓦(青緑色)・漆喰
築年数
40年
建坪
20坪
保証
1年間
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート屋根塗装

松原市にて屋根塗装のご依頼を頂いたこちらのお客様の屋根のタイプはコロニアルというスレート屋根です。カラーベストとも言います。カラーベストは他の屋根材よりも安価で、屋根を葺く工事期間も短いので、多くの方に選ばれています。また、とても軽いので建...........

泉佐野屋根壁塗装1

【大阪泉佐野市のY様よりご依頼を受けまして、屋根と外壁の現地調査を実施しました❢❢】こちらが外観になります❢❢(築20年前後)★屋根ストレート屋根(カラーベスト)下屋根あり★壁モルタル壁お客様の方は、屋根も壁も塗装で間に合うのならと言う事な...........

ケレン

今回松原市にてベランダ支柱と手すり・玄関の木部の経年劣化による塗装のご依頼があり、伺ってきました。実際確認させて頂くと、ご依頼いただいた箇所もそうですが、雨除けや日よけに使われる庇にも劣化症状を確認できましたので、塗装工事を行いました。庇と...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪松原店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-306-913